シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第8回-表現の自由の場を守るために激闘中!釜山国際映画祭が果たしてきたもの【映画で何ができるのか】(1/3)

第8回-表現の自由の場を守るために激闘中!釜山国際映画祭が果たしてきたもの
オープニングセレモニーで司会を務めた渡辺謙とムン・ソリ - (c)釜山国際映画祭

 韓国映画界が揺れている。

 昨年10月に開催された第19回釜山国際映画祭で、セウォル号沈没事故の問題点に迫ったドキュメンタリー映画『ダイビング・ベル(原題)』(イ・サンホン&アン・へリョン監督)の上映を巡り、同映画祭組織委員長のソ・ビョンス釜山市長と映画祭側が対立。市長は「政治色がある」と問題視して上映中止要請をしたが、映画祭側は上映決行。これが尾を引き、釜山市は監査結果に問題があったとして今年1月、イ・ヨングァン釜山国際映画祭執行委員長の辞任を要求する事態へと発展した。映画祭の独立性と表現の自由の侵害だと訴える韓国映画界は、釜山市に猛反発。ロッテルダムやベルリンなど他の国際映画祭も、非難の声を上げ始めている。(文・中山治美)

キム・ジソク氏
釜山国際映画祭エグゼクティブ・プログラマーのキム・ジソク氏。温和な顔からは想像出来ない気骨がある。(c)釜山国際映画祭

 本連載では、ちょうど釜山市の監査が入っていた頃の昨年11月、第15回東京フィルメックス参加に為に来日していた、釜山国際映画祭エグゼクティブ・プログラマーのキム・ジソク氏にインタビューした。キム氏の発言から改めて、同映画祭が果たしてきた役割や存在意義について考えたい。

アジア交流の場としての役割

--第19回のオープニングセレモニーで司会を務めたのは韓国女優ムン・ソリと俳優渡辺謙でした。日韓関係が悪化していた最中の、あえての起用に驚くと同時に、映画祭からの強い日韓友好のメッセージを受け取りました。

キム「私たちにとっては、何も特別な事ではありません。12年は中国人女優タン・ウェイ、13年は香港俳優アーロン・クォックを起用し、常に私達は広くアジアを視野に人選しています。とはいえ、約6,000人の観客の前に立って司会を務めるのは、俳優にとっては大きな挑戦です。韓国女優に依頼すると、皆、まず怯みますから(苦笑)。また、語学が堪能でアジアでの認知度も高いという条件もあります。その中で私たちは3年ぐらい前から第19回の人選を考えていました。ハリウッドでも活躍している渡辺さんは、まさに適任だったのです」

『ダイビング・ベル(原題)』
政府にとって不都合な真実が描かれていたのか? 問題となっているセウォル号沈没事故のドキュメンタリー『ダイニング・ベル』のワンシーン。(c)釜山国際映画祭

--さらにセレモニーでは、歌手夏川りみが「さとうきび畑」を熱唱しました。韓国では長らく日本大衆文化の統制があり、地上波テレビで日本語の歌が解禁されたのは2004年のことです。映画祭が始まった1996年当初の頃を思うと、感慨深いものがあります。

キム「夏川さんの歌を初めて聞いたのは、2009年の第1回沖縄国際映画祭でした(※沖縄国際映画祭は創設にあたり、釜山国際映画祭からノウハウを学んだことから、両映画祭の交流が生まれた)。日本語の歌詞は分からずとも彼女の歌声は琴線に触れました。今回は『さとうきび畑』を歌って頂いたのですが、第2次大戦で犠牲になった方達への鎮魂歌だと伺いました。私たちにも同様に戦争への思いがあるワケですが、特に14年はセウォル号沈没事故という悲劇を体験したばかりです。この曲は犠牲者はもちろん、遺族への癒しとなるのではないかと思いました。映画祭執行委員長のイさんをはじめ、セレモニーでは皆、涙ながらに夏川さんの歌に聞き惚れてたんですよ」


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 1日
  5. 第8回-表現の自由の場を守るために激闘中!釜山国際映画祭が果たしてきたもの