シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

金爆・鬼龍院、納税額は1,000万円単位!

金爆・鬼龍院、納税額は1,000万円単位!
鬼龍院翔、納税額を告白!!

 人気エアーバンド・ゴールデンボンバー(鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二)が16日、都内で行われた、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の公開アフレコにコスプレ衣装で出席し、人生初の映画吹き替えに挑戦した。アフレコしたシーンがセレブのパーティーシーンであったことに絡め、自身のセレブエピソードを問われた鬼龍院は、「国に1,000万円単位で税金を払っています」と誇らしげに明かした。

 前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)では、テレビスポットCMのクラッシュ音や爆発音などといった効果音吹き替えのみを担当したゴールデンボンバー。今回は、映画本編の超セレブたちが集う豪華なパーティーシーンに登場する人々の吹き替えを務めるということで、前回以上にやる気を見せる面々。

ワイスピアフレコ
アフレコの様子

 「悩殺セレブ美女ジャスミン」のコスプレと称して登場した歌広場は、「少し太ってしまった沢尻エリカをイメージしました」とピチピチのボディコン姿でアフレコに挑むと、「声優としての新しい才能と、新しい性癖が芽生えました」とまんざらでもない様子。3日後に初主演舞台を控えている中、「全身金粉セレブダンサー」にふんした喜矢武は、「心身ともに疲れている状態で、わたしは何しに来たんだ……」とぼやきながらも、セクシーな動きを交え「あ~ん、わたしを見て……」と映像とは微妙にずれたアドリブを披露し、会場を沸かせていた。

 かつてないアクションで全世界を熱狂させる『ワイルド・スピード』シリーズの最後のミッションを描いた本作。ヴィン・ディーゼルらオリジナルメンバーに加え、最強の敵役としてジェイソン・ステイサムが参戦し、世界中の都市と空を舞台に壮絶な戦いが繰り広げられる。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』は4月17日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 16日
  5. 金爆・鬼龍院、納税額は1,000万円単位!