シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

杏、長編アニメ初声優作に自信!艶やか着物姿でヒット祈願

杏、長編アニメ初声優作に自信!艶やか着物姿でヒット祈願
ヒット祈願に姿を見せた松重豊と杏

 28日、アニメーション映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』ヒット祈願トークイベントが、日本橋・福徳神社で行われ、主人公・お栄の声を担当した杏のほか、葛飾北斎役の松重豊、そして原恵一監督が出席した。長編アニメーション初挑戦となる杏は「大好きな(原作者)杉浦日向子さんの作品に大きく関わることができるなんて……」と感慨深い表情を見せると共に、父親役の松重には「また父娘役ができてうれしい」と3度目の父娘役での共演を喜んだ。

 江戸文化の象徴ともいえる日本橋の内仲通りから福徳神社まで、黄色の着物姿で練り歩きを見せた杏は「お栄や北斎も実際、日本橋を歩いたのかなと思いをはせて歩きました。歴史ある神社でお祈りもしていただきましたし、映画のヒットは確実かな」と満面の笑顔。

002
長編アニメ初挑戦作品への自信を見せた松重豊、杏、原恵一監督

 ユーキャンのCM、フジテレビ系月9ドラマ「デート ~恋とはどんなものかしら~」に続いて、杏と3度目の父娘役共演を果たした松重は「ちょうどこの作品の声入れをしているとき、ドラマの撮影中だったので、『どうだった?』ってアフレコの感想などをお互い話せたので楽しかった」と撮影を振り返っていた。

 原監督は「手応えがものすごくあります。品質保障は間違いない。お金を払って観に来ていただいた方には、損はさせません」と自信満々に作品の出来をアピール。すると、杏も「路傍の石ころ一つ一つにも意思があって描かれた、江戸の風景を観てほしい。長く長く紅が続く花で、百日紅(さるすべり)。この作品も長く咲いて、皆さんの目に留まってほしいです」と作品に込めた思いを語った。

 本作は、漫画家・杉浦日向子の「百日紅」を、『映画クレヨンしんちゃん』シリーズの原恵一監督がアニメ映画化。江戸の浮世絵師として一世を風靡(ふうび)した葛飾北斎と、それを陰で支える娘であり弟子のお栄をみずみずしく描いたエンターテインメント作品。イギリス、フランス、ベルギー、ルクセンブルク、スイス、アイルランドのヨーロッパ6か国での配給が決まっている。(磯部正和)

映画『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』は5月9日よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 28日
  5. 杏、長編アニメ初声優作に自信!艶やか着物姿でヒット祈願