シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シンクロ率の高さも話題!「家政婦のミタ」韓国リメイク版が日本放送

シンクロ率の高さも話題!「家政婦のミタ」韓国リメイク版が日本放送
韓国リメイク版で主演を務めたチェ・ジウ

 大ヒットドラマ「家政婦のミタ」とその韓国リメイク版「怪しい家政婦」がCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ」で放送されることが決定した。

 2011年に放送された「家政婦のミタ」は、命じられたことは何でもこなす、一見常識外れな家政婦の行動によって、バラバラになっていた家族が再生していく物語。松嶋菜々子が感情を見せない家政婦にふんし、驚異の最高視聴率40%をたたき出す大ヒットとなった。

 その韓国リメイク版となる「怪しい家政婦」では、「冬のソナタ」で日本でもおなじみのチェ・ジウが主演を務め、あのダウンジャケットや帽子を身に着けた姿など、日本版とのシンクロ率の高さも話題になった。前半は「家政婦のミタ」とほぼ同じストーリー展開だが、後半は韓国版独自のサスペンス要素やラブストーリーが挿入されており、日本版との違いにも注目だ。

 「家政婦のミタ」は4月12日(日)12:00~特別版を含む全話一挙放送。「怪しい家政婦」は4月22日(水)より毎週水曜から金曜11:40~2話ずつ放送。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 7日
  5. シンクロ率の高さも話題!「家政婦のミタ」韓国リメイク版が日本放送