シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

前田敦子が気になる…“浮気中”だった松田翔太の心境

前田敦子が気になる…“浮気中”だった松田翔太の心境
恋人を演じた松田翔太&前田敦子

 女優の前田敦子が20日、都内で行われた映画『イニシエーション・ラブ』完成披露試写会舞台あいさつに、松田翔太、木村文乃、三浦貴大、前野朋哉、堤幸彦監督と共に出席した。前田は自身が出演しないシーンの撮影も見学していたそうだが、木村演じる美弥子と浮気をしてしまう恋人役の松田は、「僕は浮気中だったので、すごく気まずかったですね。(前田の存在は)ちょっと気になりましたね」と当時の心境を冗談交じりに語る一幕があった。

 本作は、乾くるみのベストセラー小説を映画化した異色のラブストーリー。1980年代後半の静岡と東京を舞台に、大学生の鈴木(松田)と歯科助手のマユ(前田)の恋物語がつづられ、ラスト5分で全てが覆る衝撃のエンディングが待ち受ける。

 撮影中も現場の盛り上げに一役買っていたという前田。静岡編にしか出ていないため、この日登壇した松田以外のキャストとは、「シーンでは一切絡んでいないです」と話すが、東京編の現場に遊びに行っていたそうで、松田は「監督と前田さんにはムードメーカーになってもらって、撮影が和やかにできました」と絶賛。

全体
華やかなキャスト陣が集合!

 しかし東京編は、松田演じる鈴木が木村演じる美弥子と出会い、心が揺らぐ様子が描かれているため、イベント中に松田が、「僕は浮気中だったので、すごく気まずかったですね。(前田の存在は)ちょっと気になりましたね」と漏らす場面も。松田からの意外な言葉に、前田は「え~行かない方が良かったですか!?」とがくぜんとしていた。

 映像ギミックと驚きのエンディングから、「あなたは必ず2回観る」がキャッチコピーとなっている本作。すでに4回も鑑賞したという前田は、「奥が深いのですごく気になる。観るたびにちょっとしたスパイスを見つけるのが楽しい」と興奮気味に語ると、「公開したら映画館で観たいし、お客さんの反応も見たい」とにっこり。堤監督も「いたずら的な仕掛けがいっぱいある」と明かすと、「バーのシーンに重要なヒントが隠れている」とヒントを提示。同じシーンを4回も観ている前田は「全然気づかなかった」そうで、観客も首を横に振って「わからない」のサインを送ると、堤監督は「大成功ですね!」と満足げな笑顔を見せた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『イニシエーション・ラブ』は5月23日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 21日
  5. 前田敦子が気になる…“浮気中”だった松田翔太の心境