シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

榮倉奈々と元KARAの知英、強風にめげずにゴジラと記念撮影

榮倉奈々と元KARAの知英、強風にめげずにゴジラと記念撮影
「ゴジラヘッド」の前で撮影を行った榮倉奈々、知英ら

 女優の榮倉奈々と元KARAの知英が18日、「ゴジラヘッド」がシンボルの新宿東宝ビルで行われた映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』の初日舞台あいさつに声優の高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平と出席。出来立てほやほやの「ゴジラヘッド」の前で、オープン以来初となる著名人によるフォトセッションを行い、榮倉は「本当に迫力がありました。実際に(ゴジラの)声が出てくるんですよ。鳴いてくれるのがすごくうれしかった」と感激した。

 ゴッホの名画「ひまわり」をめぐって、コナンと怪盗キッドが激しく対決する様子を描き出す本作。榮倉は怪盗キッドから名画を守るために召集された「7人のサムライ」の一人で絵画鑑定士の宮台なつみ役で、知英は「ひまわり」を保管する美術館・レイクロックの案内キャスト役でそれぞれ日本のアニメ作品のアフレコに初挑戦した。

 榮倉は「子供のころから好きだったコナンに出られるのは本当にうれしかったです。出演してみて、やっぱり『コナンはすごいな』という気持ちは変わりませんでした。アクションが本当にすごくて驚きました。(作品が完成して仕事が)終わっちゃうと思うとさびしい」としみじみ。知英も「韓国にいたころから大好きだったコナン君を(劇中)案内することができてうれしかった」とにっこり。「初めての日本語のアフレコが子供のころから好きだったコナンで、観たときはあれ(わたしがいる)おかしいなって、感動しました」と話した。

 「ゴジラヘッド」でのフォトセッションは、過去に3回も新宿を破壊したゴジラに平和を愛するコナンチームがあいさつに行くというコンセプトで行われたが、強風の中での撮影で、声優陣は「風が強いってもんじゃなかった」とこぼしつつ、ゴジラとの対面を子供のように喜んでいた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 18日
  5. 榮倉奈々と元KARAの知英、強風にめげずにゴジラと記念撮影