シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

歴女・杏がアツく語る浮世絵の魅力とは

歴女・杏がアツく語る浮世絵の魅力とは
浮世絵についてアツく語った杏 - (c)シネマトゥデイ/高野広美

 江戸時代を舞台にした原恵一監督の新作長編アニメ映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』でヒロインの声優を務めた杏が、本作への思いや浮世絵の魅力をアツく語った。

 “歴女”としても知られる杏は、本作の原作者である江戸風俗研究家としても知られる漫画家・杉浦日向子の大ファン。「声の仕事に興味があったというだけなく、大好きな杉浦作品の初の映像化作品への参加ということがとてもうれしかった」と喜びを素直に表現。「連作短編が持っている空気感みたいなものが杉浦さんの作品では大事な部分。台本を読んだときにそういう余韻が残るようなところまですごく大事にされていると感じました」と語る彼女が演じたのは、葛飾北斎の娘・お栄。

「あの時代に自分の筆の力を信じて、自分の足で立っていたというところがすごい」。お栄に対しては「憧れてしまう」と語るほど、本作の題材にもなっている浮世絵の世界にも造詣が深い。「あの時代はカメラもないし、自分の目しか頼れるものがない。行ったことのない風景だって描いてみせるような独創性があった。自分のオリジナリティーとクリエイティビティー、そして観察眼が完璧に備わっている。浮世絵はデフォルメでもあるので特徴をどう生かして自分の画風にするかというのも大事。奥が深い世界だと思いますね」と自分なりの浮世絵観を披露。

 お栄の絵も「浮世絵は背景をデフォルメするのも大きな特徴の一つだと思うんですけど、彼女の絵の中には背景の木から空までちゃんと描写されている。まるで全部描けると思ってそれを実行している気がするんです。そこに彼女自身の力強さや筆の力を感じますね」とかなりほれ込んでいる様子。

 そんなお栄の声を表現するために、収録には着物で挑んだという杏。「初めてのアニメーションの仕事だったので、今回はあえて着物を着てお栄に少しでも近づければ、そこから生まれる音もあるかもしれない」と作品にかけたアツい思いをのぞかせた。(取材・文:永野寿彦)

映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』は5月9日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 8日
  5. 歴女・杏がアツく語る浮世絵の魅力とは