シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

今は亡き天才漫画家が「世紀末のおもちゃ箱」と批評!原作者が伝説のカルト映画『帝都物語』の裏話を明かす

今は亡き天才漫画家が「世紀末のおもちゃ箱」と批評!原作者が伝説のカルト映画『帝都物語』の裏話を明かす
嶋田久作がハマリ役!夢に出て来そうなほど怖い怪人・加藤保憲 - (C)キネマ旬報DD

 1980年代を代表する伝奇スペクタクル超大作『帝都物語』『帝都大戦』のブルーレイ化が決定し、原作者の荒俣宏が映画の魅力や舞台裏を明かした。

 『帝都物語』は、平将門の怨霊を呼び覚まし、帝都・東京の破壊をもくろむ加藤保憲と、彼を阻止すべく立ち上がった人々の物語。明治から昭和を背景に、実在の人物を絡めつつ壮大なドラマが展開する。「20世紀末が近づき、昭和も終わろうとしていた時代の空気が、帝都崩壊の物語に合っていた」という本作は、当時、某天才漫画家が「世紀末のおもちゃ箱」と評した。荒俣は「世紀末のフィナーレとして小説を書いたので、そんな感想がうれしかった」と振り返る。

 バブル絶頂期、製作費18億円を投入した『帝都物語』。現場を訪れた荒俣の記憶に今も残っているのが、巨大なオープンセットだ。「昭島市に当時の銀座を再現したんです。その出来も素晴らしかった」と懐かしむ。一方、太平洋戦争中が舞台の『帝都大戦』の原作には某一派が米国のルーズベルト大統領を呪い殺そうとするくだりがあったが、「映画では戦後の同盟関係を配慮して標的をドイツのヒトラーに変えたのだとか」と経緯を明かした。

『帝都物語』
『帝都物語』『帝都大戦』の原作者・荒俣宏

 『帝都物語』『帝都大戦』の最大の魅力は、当時新人だった嶋田久作演じるダークヒーローともいうべき、加藤保憲のキャラクターにある。荒俣が原作を執筆した当時は、アーティストの立花ハジメを想定していたそうで、「彼(立花)のイメージをデフォルメしたのが加藤。映画化が決まって初めて嶋田さんに会ったときには、本物の加藤がいると思った」と笑う。興味深いのが、「加藤は純粋な日本人ではない」という事実。「日本人のルーツは、さまざまな人種の中で勝ち残った人たち。その裏には国から疎外された人種が大勢いる。加藤はそんな、いわば“負け組”の怨念の集合体」とキャラクターに込めた思いを語る。

 さらに公開から25年以上を経た今、『帝都物語』を観る面白さについて尋ねると、荒俣は「勝新太郎さんや西村晃さん、坂東玉三郎さんといった配役が豪華。佐野史郎さんをチョイ役で起用したりとぜいたくですよね」キャストを挙げた。さらに、「クラシックでありながら仕掛けに凝る。夜空の月を落ちてきそうなくらい巨大に撮るなど、実相寺ワールドが全開」と実相寺昭雄監督の映像世界をたたえた。実相寺監督とは前日譚(たん)の企画も温めていたそうで、「その途中で亡くなられたのでわたしも少し心残りだったんです。今も、彼ならどう撮るかを念頭に、新企画を空想したりします」と続編への意欲ものぞかせた。(取材・文:神武団四郎)

「帝都Blu-ray COMPLETE BOX」(価格:1万3,800円+税)は8月8日、(株)キネマ旬報DD/(株)オデッサ・エンタテインメントより発売


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 20日
  5. 今は亡き天才漫画家が「世紀末のおもちゃ箱」と批評!原作者が伝説のカルト映画『帝都物語』の裏話を明かす