シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

スティーヴン・キング「IT」映画化、日系アメリカ人監督が降板

スティーヴン・キング「IT」映画化、日系アメリカ人監督が降板
降板したケイリー・ジョージ・フクナガ監督 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 世界的人気を誇るスティーヴン・キングの小説「IT」の映画化を監督予定だった日系アメリカ人のケイリー・ジョージ・フクナガ監督が、急きょ降板したことが The Hollywood Reporter などによって明らかになった。

 情報筋によると、フクナガ監督が降板した理由は、ニューラインシネマが提示した製作費に対して、フクナガ監督が提示した額の方が大きかったことで生まれた、予算の問題とのこと。

 本作は子供と大人の時代に分けて2部作で製作され、3週間以内には撮影が開始される予定だった。フクナガ監督の降板を受け、脚本は書き直されている最中だという。

 不気味なピエロのペニーワイズ役には、『なんちゃって家族』『メイズ・ランナー』で知られる若手俳優のウィル・ポールターが出演交渉中だと報じられていた。しかしフクナガ監督の降板によって、ウィルの出演も不透明な状態になっているとのこと。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 28日
  5. スティーヴン・キング「IT」映画化、日系アメリカ人監督が降板