シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

手塚とおる、乃木坂46初主演ドラマでオネエに

手塚とおる、乃木坂46初主演ドラマでオネエに
手塚とおるがオネエの監督に! - (C) 「初森ベマーズ」製作委員会

 大ヒットドラマ「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」での個性的な演技で話題となった演技派俳優・手塚とおるが、7月10日放送開始の乃木坂46初主演ドラマ「初森ベマーズ」で、主人公たちが所属するソフトボールチームを指導するオネエの監督・鎌田を演じることが明らかになった。

 企画・原案を秋元康が務める本作は、下町に住む少女たちが、思い出の公園を再開発から守るため、ド素人のメンバーばかりで女子ソフトボールチーム「初森ベマーズ」を結成し、強豪チームに戦いを挑む姿を、涙や友情、恋愛などを交えて描き出す、メンバー総出演のスポ根青春ドラマ。ソフトボール未経験の西野七瀬が、主人公・ななまるにふんする。

 手塚が演じるのは、過去の実績から「伝説の名監督」と呼ばれるも、今はなぜかオネエという少し変わった役どころ。そのほか、白石麻衣ふんする宿敵チームのキャプテン・キレイの父親で、公園を買収しようと企む「セレブ都市開発」の社長・権田原役を津田寛治、権田原の発言に静かにツッコむ運転手役を野間口徹、もんじゃ焼き屋を営むななまるの母親・蘭子役をいとうまい子、ベマーズ応援隊として活躍する大工の棟梁役を諏訪太朗、対戦相手の情報などを分析する司法浪人生役を坂本真、権田原の秘書役を伊東孝明が務めることも発表された。

 手塚は乃木坂46との共演について、「MVやライブ映像等ずい分御縁があり、今回の出演を決めたのも彼女達との共演が楽しみだったのも理由のひとつでした」と明かすと、「今までの乃木坂の彼女達とは又ひと味違う、魅力的な『初森ベマーズ』を宜しくお願い致します!」と本作の魅力をアピール。

 一方、手塚演じる監督の下で練習に励むななまる役の西野は、「以前から乃木坂のMVに出演していただいたりしていたので、ドラマ内で身近な存在である、チームの監督役が手塚さんと聞いて嬉しかったですし、頼もしいという気持ちです!」と喜びのコメント。「オカマの監督役なんですが、スタイルがすごく良いです。美脚だー! ってメンバーとも話していました。一緒にいい作品を作っていけるように頑張ります!」と撮影現場の和気あいあいとした雰囲気をのぞかせつつ、これからの撮影に意気込んだ。(編集部・吉田唯)

ドラマ「初森ベマーズ」は7月10日深夜0時12分よりテレビ東京系で毎週金曜に放送、テレビ大阪のみ7月13日夜11時58分~毎週月曜に放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 手塚とおる、乃木坂46初主演ドラマでオネエに