シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

杉本哲太、映画『HERO』で事件解決の糸口になるアクションを披露!【映画『HERO』インタビュー】

杉本哲太、映画『HERO』で事件解決の糸口になるアクションを披露!
「俳優としての原点に立ち返ることができました」杉本哲太

 映画『HERO』(2015)で、八嶋智人ふんする遠藤賢司事務官と名コンビを見せる田村雅史検事を快演している杉本哲太が、本シリーズの「紙一重」な面白さ、俳優にとっての醍醐味(だいごみ)を語った。

 田村は野心家なのに情けなく、いろいろな意味で手のひらの上で転がされているようなキャラクターだが、映画では意外なアクションを披露。事件解決の糸口になる。「あそこは、田村の唯一の見せ場ですからね(笑)。『HERO』は難しいんですよ。シリアスにやったほうがいいのか、ふざけたほうがいいのか、困ってしまうシーンがたまにあるんですね。あのアクションもそうでした。あと、鈴木(雅之)監督はしてほしいことをハッキリ言わない(笑)。『哲太くん、わかるよね!』っていう繊細な言い方なんです。それを判別するのが僕には難しくて。勘違いして、真逆のことをやってしまうこともあります。ただあの微妙なサジ加減が、面白さの一つなんですよね。僕が経験したことのない演出です」。

 だからこそ思いっきりやる。映画では、ドラマ以上に田村おなじみのセリフ「なにい?」がさく裂する。「台本になくても、八嶋さんが『哲太さん、ここはなにいポイントじゃないですか?』と背中を押してくれるんですよね。『俺もそう思ってた。じゃ、やっちゃう?』みたいな(笑)。(田村と遠藤のコンビの)まんま、ですよね」。

 キャスト陣がドラマの現場で重ねてきたコミュニケーションがあるからこそ「何か、やっちゃう?」と思えるとか。「主人公の久利生というキャラクターには一貫性があって、ブレない。『HERO』に参加して感じるのは、それと同じように、制作する人たちのブレない意志なんです。何でもないシーン、何でもないセリフも、突き詰めていくと面白くなる。それを大人たちが真剣に考えている。『ちょっと待って。ここはスルーしちゃっていいのか?』とか、そういうことを妥協なく繰り返している。だから僕も「そうか。このセリフって、面白くなるかもしれない」と思う。(俳優としての)原点、基本に立ち返ることができる。当たり前のことを、ちゃんと当たり前にやる。そういう大前提で『HERO』は作られています」。大人たちのブレない真剣さを、最新作でも噛みしめてみたい。(取材・文:相田冬二)

映画『HERO』は7月18日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 11日
  5. 杉本哲太、映画『HERO』で事件解決の糸口になるアクションを披露!