シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大島優子、女優でもセンター!「いいものです」と照れ

大島優子、女優でもセンター!「いいものです」と照れ
女優でもセンター! - 大島優子

 女優の大島優子が29日、新宿武蔵野館で行われた映画『ロマンス』の初日舞台あいさつに出席した。大島にとって本作はAKB48卒業後初となる映画主演作。MCからAKB48にかけて映画のセンターポジションに立った心境を聞かれると「いいものですか……ねぇ」と照れくさそうにうなずいた。

 大島のほかに、大倉孝二、タナダユキ監督も出席した舞台あいさつ。撮影について大島は「また(AKB48とは)全然違うというか、主演だからということを考えず挑めました」とコメント。続けて、「リラックスしていて、撮影しているという気分ではなかったのは大倉さんのおかげだったと思います。初めて言いますけど、『ありがとうございました』」と改まって感謝し、大倉を「本気で照れてしまいました」と恐縮させていた。

 タナダ監督とは以前CMの撮影で仕事をしたこともあり、「お芝居を信頼して任せてくれていて、段取りをやった後は自由に動かせてもらってカメラを決めていく撮影の仕方でした」と大島。「(監督には)撮りたいものが決まっているはずだけどこっちに合わせてくれたので自然に動けましたし、カメラに撮られている意識もなくて、みんなで旅行に行った思い出アルバムをお見せするような感じで心地良かったです」と自然体での撮影を振り返った。

 タナダ監督も「今の大島優子でなければできない映画にしないとと意識しましたけど、気負うことなく自然に動いてくれたので撮りたいものとすごく近い、それ以上のものを撮れた気がします」と満足そうだった。

 同作は大島が主演を務めた人間ドラマ。特急ロマンスカーのアテンダントとして働くヒロインが、ふとした偶然から怪しげな自称映画プロデューサーの男と共に母を捜す旅に出る。(中村好伸)

映画『ロマンス』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 29日
  5. 大島優子、女優でもセンター!「いいものです」と照れ