シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
『MOZU』男たちの正義

松坂桃李、「正義」とは人間が勝手に作り上げた物差しでしかない【『MOZU』男たちの正義】(1/2)

松坂桃李、「正義」とは人間が勝手に作り上げた物差しでしかない
初参加となった「MOZU」チームで新境地に挑む! 松坂桃李

 敵国との徹底抗戦を主張する熱血青年将校役や、女子力全開のオネエ役など、近年、松坂桃李の役者としての振り幅がどんどん広がりを見せている。そして今回、『劇場版 MOZU』で挑んだ大規模テロ事件の実行犯・権藤剛役は、これまでの松坂の殻をさらに打ち破り、圧倒的な存在感を見せつけた。公安警察の倉木尚武(西島秀俊)をはじめ、それぞれが熱い信念を胸に巨大権力に立ち向かう中、青い髪と冷酷な目をしたテロリスト・権藤は、彼らをあざ笑うかのように殺りくを繰り返す。「正義」、そんなものがこの男に宿るのか。松坂自身が権藤を斬る。

松坂桃李(権藤)にとっての「正義」とは?

 日本事件史最大の闇“ダルマ”直属のテログループで実行部隊を率いるリーダー権藤には、人の情けなど微塵もない。アイスピックで人間の首裏を刺す瞬間の目は、鳥肌が立つほど猟奇的だ。「インターネットやパンフレットの紹介文を見ると、権藤のことを『殺人鬼』とか書いてあるのですが、僕はむしろ、芸術家のような気がしているんです」と意外な言葉が松坂の口をつく。

002
池松壮亮との壮絶なバトルシーンにも注目! (C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C) 逢坂剛/集英社

 「(池松壮亮演じる)新谷を求めて芸術作品を完成していく。その過程の中で人を殺していくという『行き過ぎたアーティスト』。新谷が持つ衝動的殺意に、権藤は勝手に美学を感じたのかもしれない」と推測する。「権藤にとっては、新谷の領域にたどり着くためなら、自分がやっていることは全て『正義』。邪魔するものは、全て『悪』なんですね」と分析した。

 松坂自身は「正義」について、「人間が勝手に作った物差し。向こうから見れば『正義』でも、こちらから見れば『悪』という場合だって有り得る」と指摘。「同じ価値観を持った人が多ければ多いほど、それが『正義』だ、みたいなことにもなるし、非常に曖昧なものですよね」と持論を述べた。

命がいくつあっても足りないハードな撮影!

 初参加となった「MOZU」チームに、「ここなら何をやっても大丈夫」という頼もしさを感じたという松坂。だが、フィリピンロケだけは2度とやりたくないという。「血の気が多く、やることが大胆。基本的にスタントなしで体を張ってアクションに挑むので、本当に命がいくつあっても足りない。まさにカオス状態だった」と告白。

 また、殺陣師と共に作り上げた最大の見せ場、権藤と新谷との格闘シーンについては、「アイスピックを持って、いかに相手の首裏に刺すか、という接近戦での戦い。池松くんと練習しているうちに、お互いの殺意がぶつかり合い、徐々に波長が合ってくるのがわかった」とかなり手応えを感じているようだ。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 松坂桃李、「正義」とは人間が勝手に作り上げた物差しでしかない