シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オダギリジョー、柳楽優弥の憧れのまなざしに照れ!

オダギリジョー、柳楽優弥の憧れのまなざしに照れ!
柳楽の熱いコメントに照れたオダギリジョー

 俳優の柳楽優弥が26日、新宿ピカデリーで行われた映画『合葬』初日舞台あいさつに登壇。柳楽にとって、共演者のオダギリジョーは高校時代の憧れのスーパースターだったことを明かした。この日は瀬戸康史、岡山天音、小林達夫監督も来場した。

 本作は、今年で没後10年となる漫画家・杉浦日向子さんの代表作として知られる傑作コミックを渡辺あやの脚本で実写化した時代劇。幕末を舞台に、幕府解体にあらがう彰義隊に加わった若者たちの波乱の運命を描く。満員の観客を前にした柳楽は「僕にとっては初めての時代劇に瀬戸くんとダブル主演でチャレンジすることができました。皆さんの心に印象に残るシーンが一つでもあれば」と晴れ晴れとした顔であいさつ。

合葬
柳楽優弥、瀬戸康史、オダギリジョー

 柳楽がふんするのは、徳川将軍に熱い忠誠心を持ち、自らの意志で彰義隊に加わった秋津極。「監督からカリスマ性が欲しいと言われたんですけど、意識しても出ないなと思って」と切り出した柳楽は、観客に向けて「出ていました?」と質問。上映直後の会場からは大きな拍手が湧き起こり、ホッとした様子で「うわー、うれしいです!」と笑顔を見せた。

 「カリスマ性を持つ人物」という役づくりには苦心したという柳楽。「誰一人として出そうと思って出している人はおらず、不思議とにじみ出るもの」と感じたという柳楽は、ふと「僕が高校生の時のスーパースターがオダギリさんだった」とコメント。身近に手本がいたことに気付いた柳楽は、「現場に入っても感じることがたくさんあって、刺激を受けていました。役柄の関係性もそれで組み合わせてもいいのかなと思ったので、しっかり憧れさせていただきました」と述懐。

 その言葉に「はははっ」と笑ってみせたオダギリはちょっぴり驚いた様子を見せつつも、「(柳楽の)目がだいぶ泳いでいるんで、うそじゃないかな」と照れ隠しのコメント。「うそじゃないですよ」とオダギリへの熱い思いをあらためて伝える柳楽であった。

 本作は真夏に京都の松竹撮影所で行われたという。小林監督が「伝統的なものと、新しい感性が融合し、せめぎ合っているところが画面に映っていれば」と振り返れば、オダギリも「スタッフもベテランの方ばかりで、監督はやりにくかったところも多かったと思います。でもそんな中でも監督が撮りたいものがちゃんと撮れていた。僕は現場で応援していました」と誇らしげに付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『合葬』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 26日
  5. オダギリジョー、柳楽優弥の憧れのまなざしに照れ!