シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「女性は押しに弱い」綾瀬はるか、恋愛観を語る【『ギャラクシー街道』インタビュー】

「女性は押しに弱い」綾瀬はるか、恋愛観を語る
恋愛観を語った綾瀬はるか - (c)シネマトゥデイ/吉岡希鼓斗

 三谷幸喜監督初のSF作品『ギャラクシー街道』で、ヒロインを演じた綾瀬はるかが、女性目線で本作の魅力を語った。

 本作は、宇宙の片隅にあるハンバーガーショップを舞台にしたシチュエーション・コメディー。SFならではの奇想天外な設定と同時に、多種多様な恋愛の普遍的な形が見つめられる。綾瀬は『ザ・マジックアワー』に続いて二度目の三谷作品への登板となる。

 「アニメで始まるとてもかわいい印象の映画です。でも、ときどきシュールなシーンもあって。舞台っぽい楽しさもあります」と言う綾瀬が扮するのは、夫ノア(香取慎吾)と共に店を切り盛りする妻ノエ。夫の元カノのレイ(優香)が突然来店し、二人の再会をハラハラ見守ることに。レイの現在を自分勝手に心配するノア。そこからは男性ならではの心理が見え隠れする。

 「よく『男の人は……』って言いますよね。『昔の彼女は、今でも自分のことを思っている』みたいな。男の人って、みんなそうなのかなって思ったりして。でも、『自分が相手のことを忘れられないからこそ、相手が自分のことを忘れられないでいると思いたい』という心理はわかるし、女性にもそういう部分はあると思います」と綾瀬。誰もが自分の恋愛体験を振り返ってしまいそうな内容だ。

 ノエに恋するリフォーム業者メンデス(遠藤憲一)に言い寄られる場面では、「女っぽく」というオーダーも監督からあったという。「そういう役がほとんどないので、女っぽくできたかどうかわかりませんが、『女性は押しに弱い』って言うじゃないですか。だから、ああいうふうに愛の言葉を言われ続けると、全然そう思っていなくても、『あれ? ちょっといいかも』ってなる瞬間があるのかもしれません」。そんなドキッとする場面もそこかしこに。

 なお、三谷監督は、綾瀬が美味しそうにものを食べるシーンが撮りたかったという。かわいくハンバーガーを頬張る場面は見逃せない。(取材・文:相田冬二)

映画『ギャラクシー街道』は10月24日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 17日
  5. 「女性は押しに弱い」綾瀬はるか、恋愛観を語る