シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松雪泰子とミムラが12年ぶりの共演!現場は「毎日がぶつかり稽古」

松雪泰子とミムラが12年ぶりの共演!現場は「毎日がぶつかり稽古」
12年ぶりの共演について語った松雪泰子とミムラ

 女優の松雪泰子とミムラが16日、有楽町の東京国際フォーラムで行われた「連続ドラマW 5人のジュンコ」完成披露試写会に権野元監督とともに登壇し、12年ぶりの共演に笑顔を見せた。

 人間の暗部をえぐり出す作風に定評がある作家・真梨幸子の同名小説をドラマ化した本作。連続不審死事件の容疑者として佐竹純子(小池栄子)が逮捕されたことをきっかけに、事件とは無関係の田辺絢子(松雪)、篠田淳子(ミムラ)、福留順子(西田尚美)、守川諄子(麻生祐未)が、同じ「ジュンコ」の名のもとに翻弄(ほんろう)されていくというストーリーになっている。

 第1話を観たばかりの観客の前に立った松雪は「ご覧になった後にかなり重いものが残ったかも」と切り出しつつも、「女性だけでつづるサスペンスって珍しい。わたしはジャーナリストの役で、いろんな“ジュンコ”さんと相対していきましたが、こんなに多くの女優さんたちと一緒にお芝居をするのは初めてだったので、非常に面白い撮影でした」と充実した表情を見せた。

 一方のミムラにとって、女優デビュー作のドラマ「ビギナー」以来、松雪とは12年ぶりの共演となる同作。松雪が「その時からミムラちゃんにはミムラちゃんなりの表現に対するロジックが常にあって……。今回はそれがさらに進化していてステキでした」と振り返ると、ミムラも「私ごとですが、デビューの時にお世話になりました。当時のドラマに出演されていた先輩たちといつかどこかでまた一緒にお芝居ができたらと思っていたので、松雪さんとお芝居ができて幸せでした」と晴れやかな顔で語った。

 台本を読んで「女って怖いな」と感じたという松雪が、「女ならではの情念や嫉妬、悪意といった、男性には理解しにくい領域の感情が表現されていて、毎日がぶつかり稽古をしているような感覚だった」と述懐すると、権野監督も「5人のジュンコさん以外も女優さんばかりで、女子校みたいになるのかなと思っていたら、意外にも女優の皆さんが男っぽいというか、逆に皆さんに胸を借りたような……。ぶつかり稽古をさせてもらったような感じで、家に帰った時は充実感のあまり、呼吸を忘れるほどヘトヘトになった」と振り返った。(取材・文:壬生智裕)

「連続ドラマW 5人のジュンコ」は11月21日午後10時よりWOWOWプライムにて放送開始(全5話)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 16日
  5. 松雪泰子とミムラが12年ぶりの共演!現場は「毎日がぶつかり稽古」