シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

麻生久美子、安田顕のギャップに爆笑「現場では寡黙な方かと」

麻生久美子、安田顕のギャップに爆笑「現場では寡黙な方かと」
爆笑トークを繰り広げた安田顕と、何度も吹き出していた麻生久美子

 女優の麻生久美子が30日、都内で行われた映画『俳優 亀岡拓次』公開記念イベントに安田顕、横浜聡子監督と出席。安田がユーモアたっぷりにトークを繰り広げ、笑いをこらえきれずに何度も吹き出してしまった麻生が、「現場では寡黙(かもく)な方と思っていました」と撮影時とのギャップを明かした。

 同作は、TBSドラマ「下町ロケット」にも出演する安田が、脇役一筋の俳優を哀愁たっぷりに演じたコメディー。オファーがあればどんな役でも演じる主人公のつつましい人生が描かれる。

 安田は、亀岡役について「朴訥(ぼくとつ)で欲のない人間ですが、わたしは欲の塊ですから」と切り出すや、撮影エピソードについても「監督の要求に応えきれないジレンマを感じまして。『口をパクパクさせてください』 とか『くしゃみは“ブエッション”で』とか、監督の言っていることが分からなくて途中からぶーたれちゃったんですよ」と苦労を面白おかしくぶっちゃけ。それでも、最後は「でも、試写を観たら面白いと思いまして。どうも失礼しました」と横浜監督にぺこりと頭を下げた。

 そんな安田に笑いをこらえきれない様子の麻生は、安田から「何で笑っていらっしゃるんですか?」と突っ込まれると「よくしゃべる方だからびっくりして」と爆笑。「真面目なお話は少ししましたけど、こんなに明るく話されるんだと思ってびっくりしました」という告白に、安田がすかさず「いいんですよ、暗く話したって」と陰気な表情を浮かべるや、麻生は「そうそう、そんな感じでした」と相づちを打ち、笑いを誘っていた。(取材・文:中村好伸)

映画『俳優 亀岡拓次』は2016年1月30日よりテアトル新宿ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 30日
  5. 麻生久美子、安田顕のギャップに爆笑「現場では寡黙な方かと」