シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「仮面ライダーゴースト」西銘駿、「ドライブ」竹内涼真をねぎらう

「仮面ライダーゴースト」西銘駿、「ドライブ」竹内涼真をねぎらう
バトンをつないでいく…『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス』キャスト陣

 人気特撮シリーズの新作映画『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス』の初日舞台あいさつが12日、都内で行われ、現在テレビ放送中の「仮面ライダーゴースト」を代表した西銘駿が、先日放送を終了した「仮面ライダードライブ」の竹内涼真に花束を贈呈し、約1年にわたって活躍してきた「ドライブ」の面々をねぎらった。

 本作は「仮面ライダーゴースト」と「仮面ライダードライブ」がクロスオーバーする劇場版最新作。この日は「ゴースト」から西銘をはじめ、大沢ひかる、山本涼介、柳喬之、西村和彦が出席し、「ドライブ」から竹内や内田理央、上遠野太洸、稲葉友が登壇。劇場版ゲストのケンドーコバヤシ、シソンヌ(長谷川忍・じろう)を交え、和やかに舞台あいさつが行われた。

 西銘はイベント終盤、花束を手にステージ中央に立つと、「1年間ありがとうございました。お疲れ様でした」と竹内や「ドライブ」のキャスト陣に頭を下げた。これに竹内は「22年生きてきて一番長い1年でした。スタッフやキャストのみんなとは1年間、家族より長く一緒にいたと思います。仕事で絡んだとはいえ、これから一生付き合っていく仲間ができました。僕はこの『ドライブ』チームが大好き。またいつかこのチームで仮面ライダーに帰ってきたい」とコメントし、拍手喝采を浴びた。

 「超獣戦隊ライブマン」への出演で脚光を浴びた西村は、そんな竹内に「僕も経験者ですが、特撮ヒーローものをやったあとは、その印象がすごく強くなるので、今後はそのイメージを払拭できるように頑張っていかないといけない」と役者の先輩としてのアドバイス。「でも1年間やり遂げたこともまた事実。これを糧に頑張ってほしい」とエールを送ると、ケンドーコバヤシも感じるところがあったのか、「ゆっくりマッサージにでも行ってください」と竹内の肩を叩いていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ超MOVIE大戦ジェネシス』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 12日
  5. 「仮面ライダーゴースト」西銘駿、「ドライブ」竹内涼真をねぎらう