シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

酒場詩人・吉田類「下町ロケット」でドラマ初出演

酒場詩人・吉田類「下町ロケット」でドラマ初出演
吉田類、「下町ロケット」でドラマ初出演!

 「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBS)での独特な世界観が話題を呼び人気を集めている“酒場詩人”の吉田類が、放送中のテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)でドラマデビューを果たすことが明らかになった。

 本作は池井戸潤の同名小説を基に、宇宙科学開発機構の元研究員だった主人公・佃航平(阿部寛)が、父親が遺した下町の工場「佃製作所」を継ぎ、社長として夢に向かって突き進むさまを描いた作品。吉田が演じるのは、航平の前に立ちはだかるサヤマ製作所の社長・椎名直之(小泉孝太郎)の亡くなった父であり、一代でサヤマ製作所を興したサヤマ製作所の初代社長・椎名直久。直之の“NASA出身”の看板の下、強引な手法で仕事を取っていくスタイルは、経営状況が圧迫していた中でも弱い面を見せず、息子のために気丈に振る舞ってきた父・直久から影響を受けていた。

 ドラマ初出演となる吉田は、「ただひたすら夢中でチャレンジさせてもらいます。とにかく人生で初めてのことです。未知の惑星に降り立つような緊張感と期待感に心ときめかせております」と意気込み。また「吉田類の酒場放浪記」で数多くの下町工場を訪問しているからこそ下町を描く本ドラマに並々ならぬ思いがあるようで、「下町の小さな工場が実は世界の先端技術の一翼を担っていることは僕たちの誇りでもあります」とコメント。続けて「下町パワーを応援させていただけたら、大変うれしく思います」と語っている。(編集部・井本早紀)

テレビドラマ「下町ロケット」はTBS系で毎週日曜よる9時から放送中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 11日
  5. 酒場詩人・吉田類「下町ロケット」でドラマ初出演