シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岡田准一が阿部寛をストーキング?阿部が暴露

岡田准一が阿部寛をストーキング?阿部が暴露
岡田君が僕をストーカーのようにつけて… 阿部寛

 俳優の岡田准一と阿部寛が14日、都内で行われた映画『エヴェレスト 神々の山嶺』完成報告会見に出席。阿部は岡田から“ストーキング”されていたことを暴露した。会見には、尾野真千子、平山秀幸監督も出席した。

 エベレストが舞台の本作は、夢枕獏のベストセラー「神々の山嶺」を実写化したドラマ。あるクラシカルなカメラを手にした山岳カメラマン・深町誠(岡田)が、カメラの逸話を調べるうちに孤高のアルピニスト・羽生丈二(阿部)の人生に触れていく姿を描く。

 岡田は「若いときにカメラを好きになって山に登るようになったのは、この作品をやるためだったのかなと運命を感じました」とコメント。本作では、キャストとスタッフが約10日間かけて高度順応しながらエベレストに登り、日本映画では初めての標高5,200メートル級での撮影を敢行している。岡田は「実際の山に登って撮影できたのは幸せでした。力強く気高い作品に仕上がっています」と胸を張る。また、「阿部さんがどんどん火の塊のような男になっていくのを見ながら登れたのは、いい経験になりました」と阿部との共演も喜んだ。

 しかし、岡田と違って登山経験がなかった阿部は、「スタッフに迷惑をかけるんじゃないかとビビりながら」撮影に臨んだそうで、「岡田君は格闘技をやられていて屈強な方。それを超える伝説のクライマーをやらなければならず、あえて涼しい顔で演じるのが結構つらかった」と告白。さらに、「岡田君が僕をストーカーのようにつけて撮影するんですよ」と暴露。それは、役に成り切っていく阿部を写真に収めていたからで、岡田は尾野も撮影していたという。ところが、「阿部さんは上手く撮れるんですけど、尾野さんは撮れないんですよね」とポロリ。阿部も「俺はすごくカッコいいんですけど、尾野さんは普通のスナップみたいで」と吹き出していた。

 仲の良さがうかがえるキャスト陣だが、過酷な撮影は困難を極めた。平山監督は「ここで泣けとか笑えとかいう小手先の小さな芝居はまったく通用しない。そういう意味ではこの三人のドキュメンタリー。生の三人を丸ごと撮っている気はしました」と打ち明ける。岡田は撮影を通して「価値観が変わったかな。今でも(芝居が)上手いとは何だろうと自問自答していますけど、“上手い”の先にある、人の心を打つものは何だろう? と考えるようになりました」としみじみ。役者として成長させてくれたエベレストに、岡田は「もう一回行きたいです。あの景色が忘れられない」と思いをはせた。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『エヴェレスト 神々の山嶺』は2016年3月12日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 岡田准一が阿部寛をストーキング?阿部が暴露