シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「Glee」のマーク・サリング 児童ポルノ所持が事実なら新作映画からカット

「Glee」のマーク・サリング 児童ポルノ所持が事実なら新作映画からカット
マーク・サリング

 昨年12月29日(現地時間)に、テレビドラマ「Glee」でノア・“パック”・パッカーマンを演じていた俳優のマーク・サリングが、児童ポルノを所持していた罪で逮捕されたが、疑惑が事実だとすれば、新作映画から出演シーンをカットされるという。

 Us Weekly などによると、マークが出演している映画『ゴッズ・アンド・シークレッツ(原題) / Gods and Secrets』のアディ・シャンカル監督は声明で、「数え切れないほどのメディアが、サリングを『ゴッズ・アンド・シークレッツ(原題)』からカットしないのかと執拗に聞いてくるため、彼に対する疑惑の重大さを知ることとなりました。僕はすぐにつるし上げようとする文化に加担はしません。事実が明らかになるまで待ち、もし真実ならば、彼のシーンを作品からカットするなどの行動を早急に取ります」とコメントしている。

 マークの自宅のコンピューターには1,000枚以上の“子供に対する性的搾取”の写真が発見されており、写真の子供たちは明らかに15歳から16歳未満だったとのこと。家宅捜査を行ったロス市警はパソコンのほか、タブレットや携帯電話なども押収したという。

 マークは逮捕された日の午後2時半には2万ドル(約240万円)の保釈金を支払い、自宅に戻ったそうだ。次の出廷日は今月22日になると The Hollywood Reporter は報じている。(1ドル120円計算)(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 6日
  5. 「Glee」のマーク・サリング 児童ポルノ所持が事実なら新作映画からカット