シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

巨額詐欺事件「法の華」元教祖の主演作、PRでないと明言も宗教活動は再開

巨額詐欺事件「法の華」元教祖の主演作、PRでないと明言も宗教活動は再開
登壇した福永法源

 宗教団体「法の華三法行」の元教祖で、信者に対する巨額の詐欺罪で実刑判決を受けた福永法源の半生を描く映画『塀の中の神様』の完成披露プレミア試写会が6日、都内で行われ、本人役で映画デビューした福永氏と、共演の島田陽子、松田優、哀川翔、メガホンを取る高橋伴明監督らが登壇した。

 あいさつに立った福永氏は、まず「人間・福永法源の映画を作りたいというお話を、藤原(慎二)プロデューサーからいただいたときは驚きました」と振り返った上で「宗教PRの映画は絶対やめてくださいとお願いし、高橋監督に脚本からすべてお任せした。本名の福永輝義のありのままの姿を描いていただいた」と本作が宗教活動とは無縁で、自身の人生の紆余曲折をテーマにしたものであると強調。その一方で、自らの今後については「実は今日1月6日は、福永法源と名乗って36回目の誕生日なんです。自分はこれから人生が終わるまで、人類救済を思いながら『天声』をお伝えしていく所存」と宗教家としての活動に力を傾けることも明言した。

画像テキスト
映画『塀の中の神様』の完成披露プレミア試写会の様子

 福永氏の母・房子を演じた島田が「映画は、社会を鏡のように映すもの。(本作は)物事のジャッジメントを一切せず、是非を問わない引いた視線で描いている」と高橋監督の手腕を称えると、高橋監督は「すでに(本作が)法源礼賛の映画だと報じているところも一部であります。でもPR映画なのだとしたら、自分は最初から(監督を)断っていた。人間としての彼に興味があったわけで、実際に観ていただいた方に、これが礼賛かどうか、ジャッジしてほしい。どうしても欲しかった(「法の華」詐欺被害弁護団の)紀藤(正樹)弁護士のインタビューは実現しなかったが、これからでもインタビューに応じてもらえれば、公開までに編集し直すことも考えたい」とオープンな視点での製作を強調していた。

 本作は、終戦の年に生まれた福永輝義が、宗教団体の教祖として信者への巨額詐欺事件を起こし、15年の懲役から出所するまでの波乱の半生を描く。吃音症やイジメによって暗い青春を過ごし、成人してから会社を立ち上げ、事業で成功するも、詐欺にあって倒産。借金苦から自殺を企図すると、耳元で声が響いたのをきっかけに、教祖・福永法源と名を変えて多くの信者を獲得していく。この日は、ほかに共演の中西良太、不破万作、下元史朗、荒井久美子、鈴木祐真も登壇した。(取材/岸田智)

映画『塀の中の神様』は5月中旬より全国公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 7日
  5. 巨額詐欺事件「法の華」元教祖の主演作、PRでないと明言も宗教活動は再開