シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

菅田将暉、中島裕翔に殴られ興奮「すごい気持ち良かった」

菅田将暉、中島裕翔に殴られ興奮「すごい気持ち良かった」
初日舞台あいさつに登場した菅田将暉

 Hey!Say!JUMPの中島裕翔と俳優の菅田将暉が9日、都内で行われた映画『ピンクとグレー』初日舞台あいさつに出席。菅田は、中島に殴られて興奮を覚えたエピソードを披露した。

 NEWSの加藤シゲアキによる処女作を実写映画化した本作は、大人気俳優・白木蓮吾(中島)の突然の死によりスターの地位を手に入れた幼なじみの河田大貴(菅田)が、迷い苦しみながらも蓮吾の死の真相にたどり着くさまが描かれる。

 菅田は「今日は裕翔の晴れ舞台に来るお父さんの気分で来てみました」と映画初出演にして初主演の中島のために、ハンディカメラで中島を激写しながら陽気にあいさつ。しかし、本作を通じて絆を深めた二人とあって心中は手に取るようにわかるようで、中島は「これで緊張をほぐそうとしている」と菅田に鋭いツッコミ。菅田は「それ言うと緊張するから。バカかお前」とたしなめて会場の笑いを誘った。

 共演によって映画さながらに世界が変わったという二人。中島は「ここ(菅田と)の急激な距離の縮まり方で、ある意味世界が変わった」と語り、「まだその話する? すごいアピールしたいんか、お前は」と菅田も呆れるほど仲良くなれたことを喜んでいる様子。

 一方の菅田は「後半、裕翔に殴られるシーンがあるんですけど、僕はそれを笑顔で鼻血をたらしながら殴られるというのがすごい気持ち良かった」と吐露。「この中島裕翔がテンション上がり過ぎて、勢いあまって(パンチが)入っちゃう瞬間」があったそうで、「(芝居の中で)興奮するなっていう感覚が今までなかったので、お芝居をしていく上で一つ超えたもののような気がします」としみじみ。「当てちゃってヤバイと思った。怖かった」とそのときの心境を話す中島に、菅田は「よく(演技を)続けたよ」とその度胸に称賛の言葉を贈った。

 この日は、夏帆、岸井ゆきの、柳楽優弥、小林涼子、行定勲監督も出席した。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『ピンクとグレー』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 9日
  5. 菅田将暉、中島裕翔に殴られ興奮「すごい気持ち良かった」