シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

蛭子の涙がガチ旅の証!台湾へ飛んだ、ローカル路線バス乗り継ぎの旅

蛭子の涙がガチ旅の証!台湾へ飛んだ、ローカル路線バス乗り継ぎの旅
旅仲間の絆は強い!太川陽介&三船美佳&蛭子能収 - 写真:杉映貴子

 人気旅バラエティー番組の映画版『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』で、台湾を舞台に過酷なバス旅に挑んだ太川陽介と蛭子能収、三船美佳が、蛭子が涙を見せた場面などを振り返り、筋書きなしのガチ旅について語った。

 2007年に放送を開始した「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系列)は、レギュラーの太川と蛭子にマドンナを迎えた3人が路線バスを乗り継ぐ3泊4日以内の旅の様子を届ける番組。ローカル路線バスだけを使用するというルールの下、出演者自身が行程を決め日程内に目的地へ向かう。初の映画化となる本作では、台北から台湾最南端にあるガランピへ向かった。

 バス旅の事前打ち合わせについて、マドンナとして今回初参加した三船に尋ねてみると、「打ち合わせの資料が一切ない。行き帰りのフライト時間と、台湾の全体図だけ(笑)。ガチと言っても、多少の筋書きはあるのかと思ってた……」とかなり驚いたことを告白。すると太川と蛭子は「そう思われていることが悲しい」とポツリ。太川は「あんなに一生懸命やっているのに」と苦笑いしながらも、「でも、だからこそそれまでのテレビ番組の常識は全く覆した」と番組に対しての自信を見せていた。

 それほどガチなバス旅に20回以上も挑んできた太川だが、さすがに今回の台湾の旅は今まで以上のプレッシャーを感じたという。「まず言葉が通じないですから。通訳さんを介しても細かいニュアンスまで伝わらないんですよ」と異国の地ゆえに、普段のバス旅よりも大変だった様子。そう語る太川に対して、「僕はついていくだけ。頼りにしています」と微笑む蛭子だが、劇中では納得のいく宿泊先が見つからず涙する場面も。

 取材時にはそのことを忘れていた蛭子が、「台湾のホテルは文句があるようなところはなかった」と何気なく話すと、すかさず太川が「嫌だって泣いてたじゃん!」と突っ込み。しかし、蛭子は驚いたように「泣いた? そんなシーンありましたっけ?」と返す。こんなやり取りもまたガチなのが「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の魅力の一つだ。(取材・文:永野寿彦)

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』は新宿ピカデリーほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 13日
  5. 蛭子の涙がガチ旅の証!台湾へ飛んだ、ローカル路線バス乗り継ぎの旅