シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松山ケンイチ、『珍遊記』主人公は千原せいじと松岡修造をイメージ

松山ケンイチ、『珍遊記』主人公は千原せいじと松岡修造をイメージ
続編への意欲も見せた山口雄大監督

 23日、映画『珍遊記』公開記念トークイベントが都内で行われ、山口雄大監督や脚本を担当したお笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらが、この日サプライズ登場した松山ケンイチの役作りや撮影時のエピソードを赤裸々に語った。

 本作は、漫☆画太郎の伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」の実写映画化。天竺を目指して旅をする坊主・玄奘(倉科カナ)と天下の不良少年・山田太郎(松山)の珍道中を描いた笑撃作。

 お尻を丸出しにするなど、お下劣な太郎役にまさに体当たりで松山が挑戦している同作だが、山口監督は「リハーサルが満足にできず、しゃべり方や歩き方など(キャラ設定)を決めきれずに撮影に入った」と明かす。そんなある日、松山から「山田太郎、見つけましたよ。千原せいじさんじゃないですかね?」とメールが来たそうで、山口監督も「なんとなくそうだなと思った」と松山のひらめきに賛同。

 また、原作の太郎はケンカ相手に対して怒鳴るだけだが、松山は相手によって引いたり飽きたりと緩急をつけており、山口監督はその姿を見て「山田太郎が生きものになったと感じた」と振り返る。そして、ボイストレーニングも行い、現場でもiPadでアニメ「天元突破 グレンラガン」を観て、「登場人物が必殺技を叫ぶ感じで、(太郎の)セリフを言いたい」と話していた松山について、「常に声を気にしている印象があった」とも。さらに、表情にもこだわる松山から「いい顔、見つけました!」と、スマホで松岡修造の画像を披露されたことも打ち明ける。それを参考にした太郎の表情は、オープニングのアニメーション部分に採用されているとか。

画像テキスト
山口監督と鬼ヶ島の3人

 仕上がりに満足な松山は、倉科に「『珍遊記2』があったらバトルスーツを着て!」と提案したそうで、おおかわらは「(松山が)エヴァンゲリオンの綾波レイの写真を見せて、『これでいこうよ』と言っていた」と暴露。倉科は断固として拒否していたというが、その発想は山口監督も納得で、「(玄奘が)袈裟を脱いだらバトルスーツだったり、袈裟がキュッと縮んでバトルスーツになるとか」と笑いながら追従。これは冗談ではなく、「次やるなら原作から拾えることはあまりないから、実写版を広げた方が良い」と考えている山口監督は、「プロデューサー目線だよね」と的を射た松山の意見に感心していた。

 この日は、鬼ヶ島(野田祐介・和田貴志)、カラテカの矢部太郎、かもめんたる(槙尾ユウスケ・岩崎う大)、福本淳(撮影)も出席し、イベントを盛り上げた。(取材/錦怜那)

映画『珍遊記』は2月27日より新宿バルト9他にて全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 24日
  5. 松山ケンイチ、『珍遊記』主人公は千原せいじと松岡修造をイメージ