シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

菅田将暉、山田涼介にマジ蹴りして反省

菅田将暉、山田涼介にマジ蹴りして反省
山田涼介の懐の深さに感心しつつ謝罪した菅田将暉

 俳優の菅田将暉が22日に都内で行われた『映画 暗殺教室 −卒業編−』製作報告会見に出席し、山田涼介にマジ蹴りしたことを反省した。会見には、二宮和也、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平、松井優征(原作)、羽住英一郎監督も登壇した。

 人気コミックを基にした本作は、地球破壊を企てる謎の生物“殺せんせー”を暗殺しようと奮闘する落ちこぼれ学生たちの姿を描いた『映画 暗殺教室』の続編。国家規模の殺せんせー暗殺最終作戦が動き出す中、生徒たちが導き出した答えや地球の命運が、殺せんせーの悲しい過去と共に描かれる。

 主人公・潮田渚を演じる山田は、「前作は目立たず弱々しい部分を表に出したんですけど、今作は成長して男らしい渚が見られると思います」とアピール。そんな渚と菅田演じる赤羽業の一騎打ちシーンはおすすめだそうで、山田は「渚も業もすごくカッコいいし、僕らも魂を込めて撮影したので、良いシーンになっているんじゃないかな」と自信を見せる。

 そのシーンは菅田にとっても印象的だったようで、「若干風とか強過ぎて、目も開けられないほどの土煙なんですけど」とやんわりクレームを入れつつも、「羽住監督のシチュエーション作りがすごく素敵」と絶賛。二人ともパンチや蹴りが当たる前提で服の下にパットを入れて臨んだその戦いは「感覚だけでのぶつかり合い」だったそうで、山田は「だからこそ本当の中学生のケンカみたいにリアル感が出た」と振り返る。

 また、「今だから言えますけど(菅田から)何発かもらいました」と暴露する山田。それについては「しょうがない」と割り切っているものの、一度だけ素に戻るほどの痛みがあったという。菅田は「カットがかかるまで時間があったので、涼介の背中を一発蹴ったんですけど」とアドリブで蹴りを入れたことを告白。最悪なことにその蹴りがパットをしていない部分に当たり、山田は「今、ピキーンっていった……」とか細い声をあげたそう。予想外の出来事に「いいのよ」と笑顔を見せる山田に、菅田は「本当に優しい」と懐の深さに感心しつつ、「反省しました」と謝罪の気持ちを表した。(取材・文:鶴見菜美子)

『映画 暗殺教室 −卒業編−』は3月25日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 22日
  5. 菅田将暉、山田涼介にマジ蹴りして反省