シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

山本舞香「世界で一番幸せ」 監督の手紙に涙、涙…

山本舞香「世界で一番幸せ」 監督の手紙に涙、涙…
涙が頬を伝う山本舞香

 モデルで女優の山本舞香が5日、都内で行われた初主演映画『桜ノ雨』の初日舞台あいさつに登壇し、ウエダアツシ監督から贈られたサプライズの手紙に思わず感動の涙を流した。

 本作は、ボーカロイド楽曲として人気に火がついた「桜ノ雨」をもとにした青春ドラマ。海辺にある高校の合唱部を舞台にした学園生活が四季を通して描かれている。

 「この日をずっと待っていたので。無事に迎えられてすごくうれしいです。だいぶホッとしています」と安堵の表情を見せた山本。初主演はプレッシャーとの闘いだったそうだが、同世代のキャストが集まった現場ではみんな仲良く、「お芝居のしやすい現場だった」と振り返った。

 共演した浅香航大、広田亮平、久松郁実も登壇し、山本ふんする未来が憧れる合唱部部長・ハルを演じた浅香は「最初、ハルがロボットとか架空の人物みたいなイケメンだった」ことを明かしつつ、ウエダ監督と話し合って「人間味のあるイケメン」を目指したという。ウエダ監督も「優しくて、気配りができて、ピアノがあれだけ弾ければ十分モテるから、キザにやり過ぎないようにキャラ設定を一緒に考えました」と同調した。とはいえ、浅香の鑑賞後の感想は「結構恥ずかしい。声のトーンとかが甘過ぎて気持ち悪い」と苦笑い。山本は「『今の甘過ぎ!』って何回かやり直していましたよね」と撮影中に“甘過ぎNG”があったことを暴露し、浅香を照れさせた。

 そんな和気あいあいとした雰囲気の中で、急きょ山本の卒業式が行われることになり、ウエダ監督が手紙を朗読。出会った頃は不安そうな顔ばかりしていたが、いざ現場に入るとスタッフ・キャストを引っ張ってくれたことに感謝したウエダ監督は、「他のキャストがいる前で言うのもなんですが、この映画は山本舞香の映画です。僕はそういう思いで作りました」と断言。そして、「この先、負けん気の強さ、謙虚さ、ステキな感性を生かして、あなたらしい女優の道を歩んでください」と激励し、卒業証書も手渡した。

 ウエダ監督からの温かい言葉を涙ながらに聞いていた山本は、「褒められるなんて思っていなかったので、序盤でウルッとしました。世界で一番幸せです。それしか言葉が出ないです」と喜びをかみ締めていた。(取材/錦怜那)

映画『桜ノ雨』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 5日
  5. 山本舞香「世界で一番幸せ」 監督の手紙に涙、涙…