シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

めっちゃにらむ~!アイアンマンVSキャプテン・アメリカ、各チームメンバーずらり!(1/2)

めっちゃにらむ~!アイアンマンVSキャプテン・アメリカ、各チームメンバーずらり!
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ポスタービジュアル - (C) 2016 Marvel

 アイアンマンとキャプテン・アメリカの激突、そして最強チーム・アベンジャーズを二分する「禁断の戦い」を描くマーベル・スタジオの最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から、「チーム アイアンマン」と「チーム キャプテン・アメリカ」の各メンバーが向かい合い鋭いまなざしを送るポスタービジュアルが披露された。併せて、スパイダーマンとアントマンも登場する日本版予告編も公開された。

 本作が描くのは、人類を守るための活動によってふくらむ人的・物的被害を恐れた政府組織の管理下に置かれるアベンジャーズの物語。「一般市民を危険に晒してしまった」という自責の念を持つアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は政府の方針に賛成するが、「自らの行動は自らが責任を持つべきだ」という信念を持つキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は反発。スティーブの旧友がテロ事件の犯人として指名手配されたことをきっかけに二人の対立は決定的なものとなり、それぞれに賛同する仲間たちでチームは二分され、ヒーロー同士の禁断の戦いが繰り広げられる。

 今回公開されたポスタービジュアルでは、登場することが発表されているスパイダーマンとアントマンの姿は見えないものの、そうそうたるアベンジャーズメンバーが顔をそろえる。左側にはキャプテン・アメリカを筆頭にファルコン(アンソニー・マッキー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)、ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)、ホーク・アイ(ジェレミー・レナー)の五人が、彼らの正面には、アイアンマン、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ウォーマシン(ドン・チードル)、ヴィジョン(ポール・ベタニー)、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が並び、今にも戦いの火ぶたが切られんばかりの仕上がりとなっている。

 併せて公開された日本版予告編には、新たにアベンジャーズの世界に加わるスパイダーマンとアントマンの姿も。体長わずか1.5センチのアントマンは、ホーク・アイから放たれた矢の先から現れ、アイアンマンの指先をくぐり抜けて彼の胴体に着陸。映像のラストでは、「さあ新人の出番だ いいぞ!」とアイアンマンから呼ばれたスパイダーマンが、上空から糸を繰り出し、キャプテン・アメリカのトレードマークであるシールドを華麗に取り上げてしまうさまが映し出されている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 24日
  5. めっちゃにらむ~!アイアンマンVSキャプテン・アメリカ、各チームメンバーずらり!