シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松本潤、主演ドラマの“課金制”チームワークに苦笑い「お金使わなくていいですよ!」

松本潤、主演ドラマの“課金制”チームワークに苦笑い「お金使わなくていいですよ!」
“課金制”チームワーク!? 豪華俳優陣がズラリ

 嵐の松本潤が14日、都内で行われたドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」の完成披露試写会&舞台あいさつに出席し、共演者による“課金制”のチームワークに苦笑いを浮かべ、笑いを誘った。

 本作は、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガルエンターテインメント。松本は、たとえ99.9%刑が確定してしまった案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな若手弁護士・深山大翔を演じる。

 初の弁護士役に挑む松本は、刑事と民事裁判の違いや現代日本の裁判制度などを本で調べたり、実際に弁護士に会って話を聞いたりして役作りをしたそうで、その時間は「有意義」と満足気。専門用語を覚えることも「大変ですけどやりがいがあります」と充実した表情を浮かべる。また、現場は「全くストレスなく、楽しい」と話すと、「皆さん芸達者の方々なので刺激をもらっています」と個性派俳優との共演を喜んだ。そして、「このタイミングで、この作品に出会えたことを嬉しく思っています。自信作です」と胸を張った。

 舞台あいさつには、共演の榮倉奈々、青木崇高、片桐仁(ラーメンズ)、マギー、渡辺真起子、奥田瑛二、岸部一徳も登壇。青木は松本たちより遅く初日を迎え、「みなさん空気ができていたので、どう入っていこうか考えました」と不安があったことを打ち明けつつ、「今ではグループLINEに入れていただき……」と安心した様子を見せる。さらに、出演したバラエティー番組でもらった賞金を使い、「みんなの中に上手いこと入れるように差し入れを……」と明かすと、松本は「課金制みたいになってる」と苦笑い。岸部も某高級焼肉店のお弁当を差し入れしており、松本は戸惑いながらも「みんな、お金使わなくていいですよ!」と座長らしく毅然と訴え、会場を沸かせた。(取材/錦怜那)

日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」は4月17日夜9時からTBS系でスタート(初回25分拡大放送)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 松本潤、主演ドラマの“課金制”チームワークに苦笑い「お金使わなくていいですよ!」