シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『アマデウス』の原作者が死去

『アマデウス』の原作者が死去
ご冥福をお祈りします。 ピーター・シェイファーさん - Jim Spellman / WireImage / Getty Images

 映画『エクウス』『アマデウス』の原作/脚本のピーター・シェイファーさんが、6月6日(現地時間)アイルランドのコーク郡のホスピスで、90歳で亡くなったことを彼のエージェントが発表した。Guardianなどが報じている。

 ピーターさんは、英国のリヴァプールで双子として生まれ、1964年にナショナル・シアター・カンパニーのもと、舞台「ザ・ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン(原題)/ The Royal Hunt of the Sun」を手がけ、その作品はロバート・ショウ主演の『ピサロ将軍』(日本未公開)として映画化された。その後、マギー・スミス、アルバート・フィニーなどが出演した「ブラック・コメディ(原題) / Black Comedy」、映画もされた「エクウス」などの戯曲を執筆した。

 世界的に最も注目を浴びたのは、作曲家アントニオ・サリエリの観点で天才作曲家モーツァルトを描いた戯曲「アマデウス」で、映画化された本作は1985年のアカデミー賞において、作品賞を含めた8部門でオスカーを受賞し、彼自身も脚色賞に輝いた。2001年にはナイトの爵位を受けている。ちなみに、彼の双子の兄弟アンソニーも作家兼脚本家として活躍し、映画『スルース』の原作を手掛けた。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 『アマデウス』の原作者が死去