シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

西田敏行『ジャングル・ブック』で陽気なクマ役!歌も披露

西田敏行『ジャングル・ブック』で陽気なクマ役!歌も披露
歌声も楽しみ! - 映画『ジャングル・ブック』 - (C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 俳優の西田敏行が、ディズニー最新の実写映画『ジャングル・ブック』で、主人公モーグリの一番の友達の陽気なクマ、バルーの声を務めることが明らかになった。劇中では歌も披露している。

 ディズニーがアニメーション化もした本作は、英国作家ラドヤード・キプリングによる不朽の名作を、『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴロー監督が実写映画化したアドベンチャードラマ。生まれて間もなくジャングルに取り残された少年モーグリは、黒ヒョウのバギーラと母オオカミのラクシャに育てられ、幸せな生活を送っていた。しかしそこに、人間への復讐心を抱く恐ろしいトラのシア・カーンが現れる……。日本語吹き替え版では、バギーラ役は松本幸四郎、ラクシャ役は宮沢りえ、シア・カーン役は伊勢谷友介に決定している。

 西田は「もう、俺ですね。ほとんど」と語るバルー役について、「人も上手い具合にのせながら使ったりする、結構世渡り上手って言うんですかね、そういうところもありますし、結構愛おしいやつですね。憎めないやつ(笑)」と分析。「やっぱりモーグリにとっての一番の心のよりどころというか、友達になれるやつですよね」とその印象を語る。

 また、様々なクマの声を再現してみたといい、「単に老けてるだけの爺さんの声になったんでやめました(笑)。だから、普通にあんまりクマを意識しないで、西田敏行のままでぶつかろうと思いましたね」と役づくりを明かしている。オリジナル版ではバルーの声をビル・マーレイが務めており、「ビル・マーレイの息みたいなものを腹に収めながら、日本語で自分の個性もどこかで表現したいし、大変な仕事だと思いますね」と声の演技について振り返っている。(編集部・高橋典子)

映画『ジャングル・ブック』は8月11日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 27日
  5. 西田敏行『ジャングル・ブック』で陽気なクマ役!歌も披露