シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

竹内結子、命令されるのは快感?

竹内結子、命令されるのは快感?
命令されるって意外と良い! 竹内結子

 女優の竹内結子が28日、都内で行われた映画『クリーピー 偽りの隣人』の公開記念トークショーに出席、命令に従うシーンについて振り返り、「命令されるのって意外と気持ち良かったです」と意外にも快感だったことを明かした。この日のイベントには、共演の藤野涼子、メガホンを取った黒沢清監督も登壇した。

 隣人に抱いた疑念をきっかけに、とある夫婦の平穏な日常が悪夢になっていく恐怖を描いた本作。竹内は西島秀俊演じる犯罪心理学者の妻・康子役を務めたが、劇中では隣人(香川照之)の娘・澪(藤野)と康子の間に奇妙な主従関係が発生し、康子が澪に隷属する展開となっていく。

 竹内はこの日、その展開を改めて振り返ると、「澪ちゃんに何か言われると一瞬で従う。命令されるのって意外と気持ち良かったです」とにっこり。藤野にも「人に命令するの、気持ち良くなかったですか?」と逆質問し、藤野が照れくさそうに「気持ち良かったです」と答えると竹内も会場も大爆笑だった。

 撮影中だけでなく日常から澪になりきって熱心に役作りをしていたという藤野は、竹内は対照的に日常では役から離れ、香川や西島とよく現場で談笑していたことを紹介。「(竹内さんは)切り替えがとても早くて……わたしはできないので、切り替えが早くなりたいなって思いました」と女優として竹内に羨望の眼差しを向けた。

 監督はそんな二人の女優の演技力について言及。竹内に対しては「舌を巻くというか、うまい。芝居が計算もされているし、完璧な芝居をされる」と絶賛。藤野の演技についても「肝が据わっているんでしょうね。大物という感じ。曲者の俳優に囲まれて堂々と立っている姿が素晴らしいと思いました。すごい新人女優に出会えたなって。嬉しかったですよ」とエールを送った。

 さらに、竹内は現場での西島について「西島さんは現場でも朗らか。癒されました。(撮影を待つ間)よく笑って、笑いが止まらなくなるのは他の作品でもそう。(怖いシーンを撮っているので)本番中は笑わないでくださいと言いました」と笑顔で語っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『クリーピー 偽りの隣人』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 28日
  5. 竹内結子、命令されるのは快感?