シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ポケモン短編映画が今年「おやすみ」の理由(1/2)

ポケモン短編映画が今年「おやすみ」の理由
今年は長編作品一本で勝負! - 映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』より - (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon  (C)2016 ピカチュウプロジェクト

 公開前から人気投票企画「ポケモン総選挙720」などの企画で盛り上がっている映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』には、実はシリーズおなじみの同時上映の短編映画がないことにお気付きだろうか。同作でエグゼクティブプロデューサーを務めている岡本順哉氏が、今年短編映画が「おやすみになった」理由を語った。

 シリーズ1作目『劇場版ポケットモンスター/ミュウツーの逆襲』と同時上映された短編映画『劇場版ポケットモンスター/ピカチュウのなつやすみ』のように、過去ポケモン映画には短編がつきものだった時代があった。だが、2003年の短編映画『おどるポケモンひみつ基地』(同時上映作品:『ポケットモンスター・アドバンスジェネレーション/七夜の願い星ジラーチ』)から、しばらく短編映画の同時上映はなくなる。再び同時上映されるようになったのは、2012年のシリーズ15周年記念作品『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ』(同時上映短編映画『メロエッタのキラキラリサイタル』)からだ。

 もしや短編がない理由は、年ごとの何かを読み解けば浮かび上がる……? と思われたが、岡本氏は「19作品中、短編のない作品が8作ありますが、特に規則性みたいなものはないです」と断言。続けて「ただ結果論ですが、短編なしの作品の前作ではアバンギャルドな短編を作っていることが多いですね(『おどるポケモンひみつ基地』でダンス。『ピカチュウとポケモンおんがくたい』(2015)での歌)」と振り返る。ではなぜ今年の同時上映はないのか。

 岡本氏はその理由を「昨年の段階で監督はじめスタッフで協議し、前作がかなり実験的かつ挑戦の多かった作品だったので監督もスタッフもやり切った感があったと思い、一旦おやすみすることを決めました」と説明。どうやら短編映画には、スタッフたちのチャレンジ精神が詰め込まれているよう。しかし短編をおやすみしたからといって、スタッフたちの映画に掛ける思いが少なくなっているわけではない。

 むしろ長編一本に絞ったからこそ、観客のメイン層である子供たちの集中力を考えた「よりタイトで次から次へと展開していく構成にするのが重要になる」のだと岡本氏は明かす。もちろん長編のみにしたメリットもあるといい、作品の尺が20分ほど長くなったことで、ドラマの仕掛けやポケモンたちもたくさん詰め込めるようになっているという。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 27日
  5. ポケモン短編映画が今年「おやすみ」の理由