シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「銀魂」実写化 銀さんは小栗旬!監督は「勇者ヨシヒコ」福田雄一

「銀魂」実写化 銀さんは小栗旬!監督は「勇者ヨシヒコ」福田雄一
これで本当に正式発表! - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

 週刊少年ジャンプで連載中、累計発行部数5,000万部を超える、空知英秋による大人気漫画「銀魂」が実写映画化されることが正式に発表された。主人公・坂田銀時を小栗旬が演じ、脚本・監督は映画『HK/変態仮面』やドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで知られる福田雄一が務める。2017年の公開に向けて、今月より撮影が開始されるとのことだ。

 「銀魂」の舞台は、パラレルワールドの江戸。宇宙からやってきた“天人(あまんと)”の台頭と廃刀令により、侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に、己の信じる侍魂を堅持する風変わりな男・坂田銀時とその仲間たちの周りに起こる様々な出来事を、ユーモア満載かつ、ときにシリアスに描く。

記事全体
銀さんはやっぱりイケメンなのか! - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

 主人公の銀時役を務めるのは、「銀魂」ファンだという小栗旬。銀時と言えば、銀髪天然パーマや、普段はだらけた怠け者でありながら、やる時には目の色を変えるギャップが特徴だが、小栗が演じる実写版・銀時がどのように表現されるのか、現時点では明かされていない。ちなみに、コミックス27巻には「小栗旬之介」というパロディーキャラが登場している。

 単行本の作者コメントなどで見せる独特な毒吐きと、「チーズ蒸しパンになりたい」の名言などで、漫画家でありながらユニークなキャラクターも人気の原作者・空知もコメントを発表。実写化について、「『ジャンプ』でやってる『幕末』の『侍』ものというキーワードで『るろうに剣心』並みの大作漫画と勘違いした、こんな豪華なスタッフとキャストが集まってくれました。メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。全員銀魂と一緒に死んでもらう事になります」と空知節をさく裂させつつ、大いに期待を寄せている。

 メガホンを取る福田監督は、「たくさんのファンの方に支持されている原作です」と前置きし、「原作の魅力を実写化でも表現できればと、僕が確たる信頼を寄せている最強のキャスト、スタッフに集結していただきました」と胸を張る。そして、「空知先生にお会いした時に『福田監督ということは今回ももちろん低予算ですよね!』と言われたのですが、『銀魂』ともなると、残念ながら? たくさんの予算をいただけました。この予算、たくさん笑えて感動できる『銀魂』のために使い切りたいと思います」と熱を込めた。(編集部・小山美咲)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 1日
  5. 「銀魂」実写化 銀さんは小栗旬!監督は「勇者ヨシヒコ」福田雄一