シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

矢吹春奈、ハードな綾野剛との濡れ場振り返る「何されてもいい」覚悟

矢吹春奈、ハードな綾野剛との濡れ場振り返る「何されてもいい」覚悟
過激な濡れ場シーンの裏側を明かした白石和彌監督(右)と矢吹春奈

 綾野剛主演の映画『日本で一番悪い奴ら』で大胆な濡れ場シーンに挑戦した女優の矢吹春奈が3日、都内で行われた同作のトークイベントにメガホンをとった白石和彌監督と出席した。

 日本警察史上最大の不祥事と呼ばれる実在の事件をもとにした本作で、高級クラブ「アンビシャス」のホステスであり、綾野演じる主人公・諸星要一の最初の女役を務めた矢吹。本作の仕上がりについて「自分のイメージを超えた素晴らしい作品になっていて嬉しかった。こんな素敵な作品に参加できてよかったと思います」と誇らしげな表情。

 出演オファーをもらった時は「台本を読ませてもらってすぐにやりたい」と思ったといい、「ハードなことにも挑戦するという意味では自分に対してのチャレンジだった。はたしてこのシーンをうまく演じられるのかという不安もあった。とにかく(監督と)お会いしたいなと思いました」としみじみ述懐。

 綾野との濡れ場シーンのひとつでは、台本にはそもそも濡れ場の描写がなかったといい、白石監督は「綾野君と『どうする?』って話をする中で、最初はビンタしながらキスするくらいにしようと思っていたら、綾野君が『監督、俺ちょっとセックスしたいです』って。『セックスするかもね』みたいな感じで言うので……」と綾野の一言から濡れ場が敢行されたことがあったと紹介。
 
 「矢吹さんには詳細は話さず、『もしかしたらその先までいくかもしれないから』ってワイアレスを外してもらった。(そのシーンは)延々とカットはかけなかった」と話すと、矢吹のほうも「わたしも脱がされても何されてもいいようにしていた」と明かし、「(薬物中毒の設定で)いろいろ調べたところ、セックスが異様にしたくなるっていう話。ただただセックスがしたくなるというところに集中してお芝居しました」と振り返った。

 作品全体がハードな描写の連続となっていることについて白石監督は「踏み込んだ描写にしたのは、最近の映画がゆるくなっていると思ったから。誰かがやらなきゃいけないと思っていた」と説明。矢吹を起用したことについても「いい女であることが条件だった」と話して矢吹を大喜びさせていた。(取材・文:名鹿祥史)

『日本で一番悪い奴ら』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 3日
  5. 矢吹春奈、ハードな綾野剛との濡れ場振り返る「何されてもいい」覚悟