シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

土屋太鳳&竹内涼真、身長差キスはラブという名のアクション

土屋太鳳&竹内涼真、身長差キスはラブという名のアクション
ときめきの身長差!

 女優の土屋太鳳が21日、都内で行われた映画『青空エール』完成披露舞台あいさつに竹内涼真と共に出席し、アクション並みの激しい? キスシーンを振り返った。

 河原和音の同名漫画を実写映画化した本作。吹奏楽部のヒロイン・小野つばさ(土屋)と、甲子園を目指す野球部員の山田大介(竹内)のまぶしくて切ない“両片想い”ストーリーが描かれる。

 身長155cmの土屋と185cmの竹内の“身長差カップル”が「カワイイ!」と注目されているが、30cmもの差はとんだ事件を引き起こしたようで、土屋は「つばさちゃんと大介くんの恋愛はすごく素敵なんですけど、実際にこうなる(キスする)とすごく危険というか、ラブという名のアクションっていう感じ。(わたしは)こう行くから、(竹内は)こう行くよみたいな(笑)」と殺陣のような打ち合わせが必要だったことを吐露。

 竹内も「この身長差のキスは難しいんですよ」と同調すると、「1回外しちゃって……、鼻にしちゃって……」と説明。そのときは土屋から「キラキラした目で『外しちゃったね』」とツッコまれたそうで、竹内は「すげー恥ずかしかった」と照れながら「ごめんね」と改めて謝罪した。また、「絶対(唇に)届かない」と思いかがんだところ、メガホンを取った三木孝浩監督から「慣れているように見えるから止めて!」とダメ出しされたことも明かし、笑いを誘った。

 この日は葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉、山田裕貴、志田未来、上野樹里も登壇し、撮影エピソードを紹介。実は野球が未経験だったという竹内は、「最初はパニックだった」と述懐するが、山田は「最初は野球をやっている人が見たら、ん? と思うところはあったけど、特訓を通してメチャメチャうまくなって、本当の正捕手に見えてきた」と絶賛。堀井も「最初は、気持ち的に涼真は大豆くらいだったけど、日にちが経つと竹内涼真100人分くらいになった」と独特の感性で成長ぶりをほめ、竹内を喜ばせた。そして、トランペットに挑戦した土屋は、「すごく難しかったです。部活の1年生の気分でした」と厳しい練習期間を思い返していた。(取材/錦怜那)

映画『青空エール』は8月20日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 7月
  4. 21日
  5. 土屋太鳳&竹内涼真、身長差キスはラブという名のアクション