シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

尾野真千子、大竹しのぶに「クソばばぁ!」発言謝罪

尾野真千子、大竹しのぶに「クソばばぁ!」発言謝罪
女優魂のぶつかり合い!尾野&大竹

 女優の尾野真千子が1日、都内で行われた映画『後妻業の女』完成披露舞台あいさつに大竹しのぶと共に出席し、大竹に思わず「クソばばぁ!」と言い放ったことを明かした。

 直木賞作家・黒川博行のベストセラー小説「後妻業」が原作の本作は、熟年婚活が倍増している現代日本を背景に、金持ち男の後妻に入って財産を狙う後妻業の女・小夜子(大竹)をはじめとする人間臭い登場人物たちが繰り広げる、愛と金にまみれた人間喜劇。

 小夜子の9番目の夫・中瀬の娘で、小夜子とバトルを繰り広げる朋美役の尾野は、「相当暴れました。大御所を結構叩きました」と撮影を振り返ると、「あんな経験はなかなかできないと思います」としみじみ。さらに、「叩くのはよくありますけど、お尻を蹴られることはなかなかないかな」と打ち明ける。

 すると、大竹が「そのシーンはアドリブ、長回し、ワンカットでスタッフ全員に良い緊張感があったから、ビンタが入った瞬間はよし決まった! となりました」と説明してニッコリ。ボルテージが上がったのは尾野も同じで、「ビンタが入った途端に『くそババァ』と言ってしまった」と吐露する。尾野はその場で、手を震わせながら「わたし、“くそババァ”言うたん?」と何度も大竹に聞いたそうで、大竹は「我を忘れて“くそババァ”って言ってたね」と笑顔でチクリ。それを受けて尾野は「この場を借りて、すみません」と頭を下げていた。

 イベントには、豊川悦司、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、水川あさみ、風間俊介、鶴橋康夫監督も登壇。小夜子のたちの悪い放蕩息子・博司を演じる風間は、「大竹さんとは共演2回目(フジテレビ系ドラマ『それでも、生きてゆく』)なんですけど、どちらも首を絞めたりすごいことになっている」と苦笑い。また、舞台が大阪のため、キャスト陣も関西弁を話さなければならず、同じ東京出身の大竹と「頑張ろうね」と励まし合ったとも。

 ところが、「しのぶさんの前の旦那さん(明石家さんま)って関西の方だなぁ」と思い出し、大竹の天然に騙されそう(?)になった風間は、結局「僕が一番頑張らなきゃ」と気合いを入れ直したという。役づくりのため、大阪の天神祭に参加したり、鶴瓶の紹介で噺家(はなしか)のもとにも伺ったそうで、「ちゃんと取材してるんですよ」と鶴瓶をうならせていた。なお、本作が第40回モントリオール世界映画祭「ワールド・グレイツ部門」に正式出品されることもこの日報告された。(取材/錦怜那)

映画『後妻業の女』は8月27日より全国東宝系にて公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 8月
  4. 1日
  5. 尾野真千子、大竹しのぶに「クソばばぁ!」発言謝罪