シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ウルヴァリン』最新作、来年6月公開!老い治癒力が衰え傷だらけの衝撃姿で少女を守る!

『ウルヴァリン』最新作、来年6月公開!老い治癒力が衰え傷だらけの衝撃姿で少女を守る!
ウルヴァリンが少女を守る…! - (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

 ヒュー・ジャックマンが主演を務める人気スピンオフ『ウルヴァリン』シリーズの第3弾『ローガン(原題)』の日本公開が2017年6月に決定した。オンライン限定予告編も公開され、年を重ねて治癒力が衰え、改造手術前のローガンを名乗っているウルヴァリンの衝撃的な姿がお披露目された。

 『X-メン』でスクリーンデビュー以来、絶大な人気を誇ってきたヒーロー、ウルヴァリンを思い入れたっぷりに演じてきたヒュー。本作を最後にこのキャラクターを卒業することを口にしており、これでヒューのウルヴァリンが見納めとなる可能性が高いとして注目を浴びている。

 そんな本作はこれまで謎に包まれてきたが、この度公開された予告編でその一端が明らかになった。ワイルドな風貌に孤高の魂を宿し、あらゆる物質を切り裂く超金属(アダマンチウム)の爪と驚異的な治癒能力を持ったウルヴァリンは、老化現象も抑えられる“不老不死”の最強ヒーローだった。しかし、予告編の冒頭で映し出されるウルヴァリンは、これまでの見慣れている彼とは全く違う……。「ローガン」を名乗り、皮膚にはシワが刻まれ、肉体は傷だらけ。年を重ね、治癒力の衰えた彼は、生まれて初めて、本当に傷つきやすい状態になっていたのだった。

 「世界は変わった。ミュータントはもう存在しない」と落胆するローガン=ウルヴァリンは、苦痛と苦悩に満ちた長い年月が過ぎ、今やX-MENは伝説でしかなく、人間からミュータント遺伝子が削除された世界で、方向性が見つからない生活に埋もれていた。

 そして、ウルヴァリンに語りかけるチャールズこそ、チャールズ・エグゼビア=プロフェッサーX。彼の良き師であるチャールズは、ウルヴァリンに最後のミッションを依頼する。その使命は、ミュータントにとって最後の望みとなる少女を守ることだった。なぜこの少女がミュータント最後の望みなのか? 不思議が募ると同時に、CGに頼りきるのではないリアリティーあふれるアクションと、重厚なドラマを想起させるようなトーンも印象的だ。メガホンを取ったのは、前作『ウルヴァリン:SAMURAI』に続いて、ジェームズ・マンゴールド監督。これまでに見たことがないウルヴァリンに期待が高まるばかりだ。(編集部・石神恵美子)

映画『ローガン(原題)』は2017年6月全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 21日
  5. 『ウルヴァリン』最新作、来年6月公開!老い治癒力が衰え傷だらけの衝撃姿で少女を守る!