シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ペット』『キング・オブ・エジプト』『ヒメアノ~ル』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「映画秘宝」にてのん、「キネマ旬報増刊」にて井口裕香&日高里菜、「CREA WEB」にて竜星涼のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

⇒映画短評の見方

くれい響 さんの映画短評

全488件中1~5件を表示しています。 Next »
  • くも漫。
    笑うに笑えない高度な医療コメディ
    ★★★★

    くも膜下出血再発の恐怖を抱えながらベットで過ごす2週間+αを、“病院あるある”を挟みつつ描いた本作。ギリギリの設定ながら、バットをフルスウィングしながら、死神ばりに忍び寄る“くもマン”の存在感や、脳みそ夫と沖ちづるが兄妹を演じる異業種キャスティング、Gentle Forest Jazz Bandが奏でる音楽の効果もあり、かなり高度な医療コメディに仕上がっている。一般病棟に移るまで、笑うに笑えないシーンが続くが、箱ヘルで消えた靴に対して、異常なこだわりを示す親戚の見舞いシーンは爆笑必至。ただ、相部屋患者役の坂田聡(祝!ジョビジョバ復活)はまだしも、女神と化した柳英里紗の出番が少ないのは残念だ。

  • 君と100回目の恋
    MV的演出と男優陣の好演は買い
    ★★★★★

    このご時世に、“完全オリジナル脚本”という意気込みは買いたかったが、細田版『時をかける少女』を軸に、流行りのテイストを寄せ集めたお粗末なもので、残念極まりない。さらに、期待していた月川翔の演出もあまりに散漫で、あれだけ攻めていた『黒崎くんの言いなりになんてならない』の監督とは思えないほど(お得意のMVテイストは除く)。そして、言うまでもなく『マエストロ!』ではしっかりアクセントになっていたmiwaの演技…。一見、良曲に思えた主題歌「アイオクリ」のパクリ疑惑にも通じる、オトナたちのさまざまな事情がこの結果を生み出すなか、坂口健太郎ら男優陣の好演が光っていたこともあり、★おまけ。

  • 王様のためのホログラム
    タイムリーなネタの下、トム・ハンクスが真骨頂を発揮
    ★★★★★

    同じデイヴ・エガーズ原作だけに、マット・デイモンがペンシルヴェニアの農民相手に悪戦苦闘した『プロミスト・ランド』との共通点が多い本作。とはいえ、最初は戸惑いばかりのイスラム文化を軸にしたハートウォーミングな展開、後半から一気に強まるラブ要素、さらにトム・ハンクスがドッキリばりにイスから転げ落ちるコミカル要素など、『砂漠でサーモン・フィッシング』の感触に近い。地味な印象は否定できないが、悪夢のシーンなど、いかにもトム・ティクヴァ監督なカットもあるほか、美味しい役回りで常連ベン・ウィショーも登場。タイムリーなネタと真骨頂を発揮するハンクスの融合を楽しむには問題ありません。

  • マリアンヌ
    ダンディなブラピに惚れ直す
    ★★★★★

    ナチスの脅威に立ち向かうブラピといえば、『イングロリアス・バスターズ』のレイン中尉が思い浮かぶが、今回はおふざけ一切なし(ただ、今回もなぜかアウグスト・ディールとカードゲームするシーンがアリ)。『カサブランカ』のオマージュから始まる“ど”が付くほどのメロドラマだが、スティーヴン・ナイトにしては「妻・マリアンヌには二重スパイの疑いがある…」だけを引っ張った脚本はどうかと思う。とはいえ、あの時代ならではの世界観にどっぷり浸らせてくれるのは、職人ロバート・ゼメキスら豪華スタッフに、ジャレッド・ハリスら芸達者の功績あってこそ。『白い帽子の女』にガッカリした人ほど、ブラピに惚れ直す可能性も高し!

  • タンジェリン
    頭文字Dを探して。
    ★★★★

    前作『チワワは見ていた』でも類まれな映像・音楽・撮影センスを発揮していたショーン・ベイカー監督だが、前作のポルノ女優に続き、今回もLAで力強く生きる異色ヒロイン(トランスジェンダーの娼婦)を魅力的に捉える。Dのイニシャルを持つ彼氏の浮気相手探しから始まる群像劇は、Fワードたっぷりでグレッグ・アラキ監督作にも似た心地よい疾走感で進み、ドーナツショップでの修羅場を経て、前作同様に余韻を残すラストに着地。iPhone5sで撮ったことなんて、面白ければぶっちゃけどうでもいいわけだが、ジョージ・ミラーやデル・トロが評価(嫉妬?)したのも納得。すでにネトフリ配信も始まってるが、まずは劇場で体感すべし。

全488件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク