シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『イップ・マン 継承』『ホワイト・バレット』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「DVD&ブルーレイでーた」にてパク・チャヌク監督、ナ・ホンジン監督、「CREA」にて山崎賢人、「CREA WEB」にて平岡拓真、「dmenu映画」にて川口春奈のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

⇒映画短評の見方

くれい響 さんの映画短評

全506件中1~5件を表示しています。 Next »
  • キングコング:髑髏島の巨神
    1本立なのに、「チャンピオンまつり」
    ★★★★

    3年後に控える“対ゴジラ戦”の前哨戦程度で観ると、ド肝を抜かれる。「闇の奥」いうか『地獄の黙示録』から始まって、使徒にカオナシ、『食人族』に「ワンダと巨像」まで、オタ監督のやりたい放題全部乗せ!そんなとんでもない怪獣映画を作ったジョーダン・ヴォート=ロバーツは才能も、アヤしい風貌も、一気に“第二のデル・トロ”として名乗りを上げた感アリ。しっかりエロいブリー・ラーソンにしろ、キャラのほとんどが登場シーンで笑いを取る演出もあり、監督デビュー作『The Kings of Summer』の学生同様、大自然で楽しんでいるようにしか見えない。そのため、緊迫感はほぼゼロ。でも、楽しいからいいんです!

  • パッセンジャー
    だからといってスルーできないデートムービー
    ★★★★

    同じ宇宙を舞台にしたサバイバル劇を描いた『オデッセイ』に比べると、いろいろと詰めが甘く、ご都合主義であることから、まるでラノベ原作のようなモノ足りなさは否めない。とはいえ、“宇宙の『タイタニック』”の売り文句通り、エンジニアと女流作家の身分差ある恋はロマンチックで、それを演じる俳優が、今勢いのある2人であることから、スター映画としての要素も強し。しかも、明らかに男女の解釈が違う仕上がりになっていることから、デートムービーにはピッタリだろう。その一方で、ネタバレの部分など、『ヘッドハンター』のモルテン・ティルドゥム監督作らしい性悪な部分も見え隠れし、決してスルーできない一本になっているといえる。

  • 3月のライオン 前編
    『プラチナデータ』『秘密』の監督とは思えない人間描写
    ★★★★

    「ハゲタカ」「龍馬伝」の演出家である以前に、大友啓史監督は「ちゅらさん」「私の青空」の演出家であったことを思い起こさせてくる力作。完全に桐山零と化した神木隆之介の成長&青春ドラマと同時に、陰で彼を支える川本家三姉妹との下町人情ドラマである本作は、とにかく朝ドラ感がハマる。ほかにも、有村架純が魔女っぷりを醸し出すヒールキャラの香子や、高橋一生の存在感がしっかりフックになってる担任教師など、しっかりサブキャラも人間として描かれ、138分の長尺も感じさせない。ただ、対局シーンは狙いすぎた感もあり、染谷将太カブりな『聖の青春』にはかなわず。とはいえ、『後編』は、さらにスゴいことになってます!

  • モアナと伝説の海
    海上がデスロードと化す!
    ★★★★

    ポスト「レリゴー」な主題歌に惑わされてはいけない。『リトル・マーメイド』でディズニー・プリンセスの存在を復活させた監督コンビが、その流れを自らブチ壊す意欲作だ。「未来少年コナン」な導入から活劇が始まる匂いがプンプンし、海上の“デスロード”と化す。モアナはマウイが放つ“プリンセス”の言葉を一蹴したうえ、2人のロマンス要素は皆無。そのため、関係性はフュリオサとマックスに、暴走止まらぬ武装海賊カカモラはウォーボーイズに見えてくる。劇伴まで意識したのはやりすぎかもしれないが、これも時代の流れ。王道のプリンセスものは実写リメイクに任せ、アニメスタジオは攻めまくる。そんなディズニーの英断がスゴい。

  • SING/シング
    『ズートピア』な世界の『のど自慢』
    ★★★★★

    イルミネーション・スタジオ作品ということで、『怪盗グルー』シリーズのハイテンションを期待すると、やや肩透かし。しかも、“『ズートピア』な世界での『コーラスライン』”かと思いきや、すぐにオーディション結果が発表。そんな結果がすべてじゃないという展開も含め、井筒監督の『のど自慢』と化す。さすがは『銀河ヒッチハイク・ガイド』<<<『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングス監督。じつに日本人好みのハートウォーミング人情ドラマな仕上がりだ(自身もトカゲ秘書の声をやりたい放題!)。社会的な暗喩は皆無に等しいが、きゃりぱみゅの楽曲を使い、日本のアイドル文化をツッコむなど、さりげなく毒も注入されている。

全506件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク