シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ペット』『キング・オブ・エジプト』『ヒメアノ~ル』『シマウマ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「キネマ旬報増刊」にて井口裕香&日高里菜、「CREA WEB」にて松居大悟監督のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

⇒映画短評の見方

くれい響 さんの映画短評

全474件中1~5件を表示しています。 Next »
  • 僕らのごはんは明日で待ってる
    いろんな意味で、予想を裏切ってくれる!
    ★★★★

    瀬尾まいこ原作だけに、『幸福な食卓』『天国はまだ遠く』同様、ドライかつシニカルな雰囲気を持った変化球な恋愛映画。よって、流行りの少女マンガ原作の胸キュンテイストは皆無。熱量を感じさせないうえ、ときに不可解な行動を取る主人公とヒロインに、市井昌秀監督独自の繊細な演出が加わったことで、『ピンクとグレー』でピンと来なかった中島裕翔&女優感薄かった新木優子の役者としての魅力が一気に開花! おまけに、フードコーディネーター大活躍の“ごはん映画”に見せかけて、観た後に食べたくなる(なる)のがケンタのチキンという、まさかのオチ。さすが、前作『箱入り息子の恋』を観た後、吉野家に直行させた市井監督、何かが違う!

  • マグニフィセント・セブン
    温かい目で見るのがベスト!
    ★★★★★

    どう作ったって、『荒野の七人』の足元に及ばないにしろ、そこは毎度何かしら爪痕を残すアントワーン・フークア監督。盟友デンゼル・ワシントンと、『トレーニング・デイ』好きはニンマリあり、クリス・プラットなどのキャラ押し、ドンパチ・メインという、どこかで『許されざる者』も頭の中にありながら、ターゲットを西部劇初心者に向けている。133分と、オリジナル+5分の尺も現代風だが、西部劇特有の空気感を醸し出すうえ、ある程度のキャラ説明にはしょうがないこと。オリジナルに思い入れがあるほど驚愕なオチなど、謎な部分もいくつか見られるが、遺作となったジェームズ・ホーナーのスコアが身に沁み、それどころではない。

  • ホワイト・バレット
    メイキングを観れば、リピートしたくなるなる。
    ★★★★★

    原題『三人行』通り、「論語」がベースになってるが、別に説教臭いわけでもなく、『ブレイキング・ニュース』以上の実験映画だが、しっかりエンタメ。同じ舞台劇風設定でも、戯曲だった前作『香港、華麗なるオフィス・ライフ』の失敗を踏まえ、病院内に絞ったことで、ジョニー・トーらしさ全開。ラム・シューも、ロー・ホイパンも登場から笑わせるなど、ファンサービスも忘れません。そして、一見何も考えず撮ってるようで、しっかり考えてるトーさん演出。縦横無尽にハイスピード・カメラが舞うクライマックスなど、メイキングを観ると、リピートしたくなること請け合い! 『ポチョムキン』だけでなく、若干『絶体×絶命』入ってるのもご愛嬌。

  • ダーティ・グランパ
    ヤラずに死ねるか!
    ★★★★

    またもハズさないザック・エフロン! “16年「TIME」誌ワーストテン”に選出されたが、『ハング・オーバー!』系列のお下劣映画として安定の面白さだ。『ヴィンセントが教えてくれたこと』ならぬ、“ディックが教えてくれたこと”は残された人生、ヤラずに死ねるか! キャラ的には二重人格なのだが、とにかくデ・ニーロだけで引っ張ろうとする潔さに好感触。そんなディックにロックオンされるオーブリー・プラザはもちろん、リー・トンプソン娘(ゾーイ・ドゥイッチ)もコメディエンヌの才能を発揮し、意外と出番がなかった『エブリバディ・ウォンツ・サム?』の不満も解消。スプリング・ブレイク映画としても、ツボを押さえてます。

  • ドラゴン×マッハ!
    ガチで酷い邦題だが、これがかなりスゴい!
    ★★★★★

    ドニー・イェンが『マッハ!』に触発され、MMA(総合格闘技)の要素を取り入れた『SPL』の続編。ストーリーに繋がりはないが、前作の「破壊」「対立」「強欲」を描いたドラマティックなストーリー展開やシチュエーションを継承。そして、主演にまさかのトニー・ジャー。一部で「荒木飛呂彦先生に激似!」と話題のウー・ジンも、前作のナイフの刺客から一転、キャリア史上最高にいい人キャラで、怒涛の刑務所暴動長回しを超える「It`s me(照)」なベストシーンを好演する。ソイ・チェン監督作としても、あの『ドッグ・バイト・ドッグ』に匹敵する仕上がりであり、独特の世界観に120分ドップリ浸れること間違いなし!

全474件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク