シネマトゥデイ
シネマトゥデイ

轟 夕起夫

轟 夕起夫

略歴: 文筆稼業。1963年東京都生まれ。「キネマ旬報」「映画秘宝」「週刊SPA!」「クイック・ジャパン」「ケトル」「DVD&ブルーレイでーた」などで執筆中。著書に「轟夕起夫の 映画あばれ火祭り」(河出書房新社)、編著に「清/順/映/画」(ワイズ出版)、「好き勝手 夏木陽介 スタアの時代」(講談社)など。

近況: 取材・構成を担当した『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』がスペースシャワーブックスより発売中。またもやボチボチと。よろしくお願いいたします。

⇒映画短評の見方

轟 夕起夫 さんの映画短評

全38件中1~5件を表示しています。 Next »
  • ラ・ラ・ランド
    アカデミー賞作品賞……でなくても、いいじゃないか
    ★★★★★

     テクニカルなあのラストシーンは開幕早々、ちゃんと予告されていた。圧巻のオープニングアクトのあと、画面に登場したジャズピアニストはひとり、カーステレオでかけていた音楽を何度も“リバース(巻き戻し)”していたではないか!

     で、その曲は、滝廉太郎の「荒城の月」をセロニアス・モンクが独創的にジャズ化した「ジャパニーズ・フォーク・ソング」。つまり、映画全体に脈打つアレンジの作法を、暗に宣言していたのである。

     そうして結果、シネフィリーにありがちな自閉の罠に陥らず、タイトロープ、危険な橋を渡り切って“ニュー・クラシック”を確立、とびっきりのハッピーサッドな余韻を、チャゼル監督は造りだしてみせた。

  • 台湾新電影時代
    台湾新電影(ニューシネマ)は、未だ世界の新電影であり続ける
    ★★★★★

     台湾ニューシネマの象徴だった楊徳昌に会ったことがある。95年、『エドワード・ヤンの恋愛時代』を携えて来日したときだ。有名な逸話ではあったが、愛する手塚治虫について熱く語るナマの声にドキドキしつつ耳を傾けた。もうひとりのシンボル、侯孝賢が岩松了さんと対談した際には貴重なお話をまとめる機会を得た。

     それは04年、小津映画にオマージュを捧げた『珈琲時光』公開の頃。当ドキュメンタリーではその主演・浅野忠信や是枝裕和、黒沢清といった監督も登場。観ればこんな風に日本とのディープな関係に思いを馳せ、「自分にとっての台湾新電影」を語りなくなるだろう。亡き楊徳昌の“不在”の大きさを改めて噛みしめながら。

  • アイアムアヒーロー
    『重版出来!』と『真田丸』の視聴者もぜひ観に行って驚こう!
    ★★★★

     バネが効いている。原作に則って、映画はヘタレな主人公を徹底的に追い込んで退路を絶ってゆく。そうしてギリギリまで弦を引き絞り、撓らせ、大きく弾いて“弓矢”を放ち、散弾銃から出る一発一発は観客のカタルシスへとつながっていく(メインの大泉洋、長澤まさみ好演! 有村架純の使い方はある意味、贅沢すぎるが)。

     佐藤信介監督はもともと、閉じた空間内の演出で冴えを見せてきたが、今回も「リピートされるロッカーでのシーン」の“溜め”が秀逸。現在、『重版出来!』でも筆が走っている野木亜紀子の的確な脚色も大きい。ヒーローの最後の表情に……「峠の我が家」には戻れぬエレジーも読み取るかどうかはあなた次第。

  • COP CAR/コップ・カー
    ベーコン祭りにして、ジャンルを横断するジョン・ワッツ祭り
    ★★★★★

     黄昏れた野原に囲まれた広大なハイウェイが、セルジオ・レオーネの描く西部に見えた。一台のパトカーをパクる悪ガキ2人に、悪徳保安官ケヴィン・ベーコン(笑える。最高!)。これだけ揃えれば面白い映画はできる。ただし監督の腕さえあれば、の話だが。

     その新鋭ジョン・ワッツはレオーネばりの“焦らせと引っぱり具合”が堂に入っていて、大したもの。緊張と弛緩のバランスが抜群なのだ。基本設定に登場人物を足していき、たわいもない子供の遊戯が悪夢に飲み込まれていく物語を右へ左へ転がし、しかも90分以内にタイトに仕上げる手練手管=ハンドリングはドン・シーゲルのようでもある。寓話の彼方へと消えていくラストもいい。

  • ちはやふる −上の句−
    さあ、「下の句」を楽しむ準備はできたぞ!
    ★★★★

     広瀬すずは類い稀なる“アクション女優”だ。それも、ひとつひとつのモーションにエモーションを込められる……卓抜な! 彼女を中心に「かるた競技」に挑む弱小チームの心と体が いや、映画自体のグルーヴが、シンクロしていく。つまり彼女の一挙手一投足によって波動が伝わり、空気が動くのだ。その気持ち良さ。

     作劇的にはやや漫画チックに傾きすぎるが、有効打が増えていくうちに気にならなくなる。ホント、いいシーンが多いのだ。特に山登りのエピソードで伏線としてあえて隠したカット、勝負が決まったあとのハイスピード撮影で捉えられた広瀬すずのオーバーリアクション2つの切り返し(意表をつく小泉監督のワザ)に感動した。

全38件中1~5件を表示しています。 Next »
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク