シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ナインスゲート
(C)1999 Artisan Pictures Inc. All rights reserved.
英題:
THE 9TH GATE
製作年:
1999年
製作国:
スペイン/フランス
日本公開:
2000年6月3日
(丸の内プラゼール他全国松竹系)
上映時間:
日本語字幕:
関美冬
提供:
パイオニアLDC
共同配給:
ギャガ・コミュニケーションズ / ギャガ・ヒューマックス共同配給
カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/8巻・3,644m

チェック:『ローズマリーの赤ちゃん』『フランティック』の鬼才、ロマン・ポランスキー監督が6年ぶりに放つ新作は、ある悪魔書をめぐるオカルト・ミステリー。原作はスペインのミステリー作家、アルトゥーロ・ペレス・レベルデの小説「呪のデュマ倶楽部」。ポランスキー独自の解釈により大胆に脚色された物語は、原作とは一味違った神秘的な世界を作り出している。主演は『ノイズ』『スリーピー・ホロウ』と、出演作が続くジョニー・デップ。

ストーリー:本の探偵のコルソは、悪魔研究者としても著名な出版社社長のバルカンからある依頼を受ける。それは、17世紀の悪魔書「ナインスゲート」に関する調査だった。その日から、コルソの周囲では奇怪な事件が起こり始める。

ナインスゲート
(C)1999 Artisan Pictures Inc. All rights reserved.

写真ギャラリー

Artisan Entertainment/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

ライン・プロデューサー: スザンヌ・ワイセンフェルド
キャスティング: ハワード・フィヤー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ナインスゲート』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ナインスゲート』 午後のロードショー from チャーリー式 (2009年5月25日 1時53分)
    堪らん。何回観ても面白い。 オカルト、ビブロマニア。どちらも大好き。 以前はDVDをよく観たもんですが、久し振りにTVでやっていたもので。 以前に原作も読みましたが、こちらの方は映画本編の話に加えて、デュマに関わる謎解きがからんでて、随分と余分だとの.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • ナインスゲート from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2008年10月28日 16時59分)
    コレクターってのはいつの時代にもいるようで、そのコレクションが希少なら希少な程価値があって… ...[外部サイトの続きを読む]
  • ナインスゲート from 黄昏ミニヨン想録堂 (2007年9月4日 14時42分)
    個人的に最も好きな俳優の一人、ジョニー・デップ演ずる『本の探偵』ディーン・コルソが、悪魔と関わりがあると言う書『影の王国への九つの門』を巡る陰謀に巻き込まれると言うスリラー映画だ。監督はまだ見ていないが、『戦場の ...[外部サイトの続きを読む]
  • ナインスゲート from New Cinema Garden (2007年3月23日 23時26分)
    ナインスゲート デラックス版posted with amazlet on 07.03.23ジェネオン エンタテインメント (2004/06/25)売り上げランキング: 877Amazon.co.jp で詳細を見るナインスゲート お気に入り度:★★★☆☆☆ オススメ度 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ナインスゲート from DVD映画人ブログ (2006年4月22日 16時51分)
    ジョニー・デップ出演作品レビュー第5弾。『ナインスゲート』です。  ロマン・ポランスキー監督によるこの映画は、悪魔の書を巡るオカルトサスペンスです。  ポランスキー監督といえばローズマリーの赤ちゃんを発表した後に、妊娠中の愛妻シャロン・テートをマンソンファミリーに殺害されたり(この事件は余りにも酷く、狂気に満ちているので詳細を省く)、自身も幼少時代にホロコーストを体験したりと(その体験は戦場のピアニストで作品となった。)、この世の地獄を体験した人ですので、悪魔は存在していても不思議ではないので ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2000年5月29日の週の公開作品
  3. 『ナインスゲート』