シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
(C) TOUCHSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
日本公開:
9月7日
(恵比寿ガーデンシネマ他)
上映時間:
配給:
ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
シネマスコープ・サイズ/ドルビーSRD

チェック:風変わりな“天才ファミリー”の姿を独特のコメディ・センスで描いて全米の有力メディアに大絶賛された作品。監督は『天才マックスの世界』の成功で、次代を担う監督の一人と目されるウェス・アンダーソン。主演は大御所のジーン・ハックマン。共演に『愛しのローズマリー』のグウィネス・パルトロウ、『メリーに首ったけ』のベン・スティラー、『バッファロー66』のアンジェリカ・ヒューストンと超豪華な顔ぶれが揃った。

ストーリー:天才一家として脚光を浴びたテネンバウム家の人々。家長であるロイヤル(ジーン・ハックマン)の身勝手なふるまいの結果、家族は離散状態となり、かつて天才ともてはやされた三人の子供はトラブルを抱え込んでいた。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
(C) TOUCHSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

写真ギャラリー

Kobal/TOUCHSTONE PICTURES/The Kobal Collection/WireImage.com


スタッフ

監督・脚本:
脚本・製作総指揮: オーウェン・ウィルソン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 愛しのローズマリー from むぅびぃれびゅぅ 映画鑑賞会 (2010年5月27日 18時9分)
    全然イケてないのにもかかわらずナンパで面食いなジャック・ブラック演じるハル。セラピストに… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 天才マックスの世界 Rushmore from どうなんかね、国際結婚。 (2007年7月8日 13時22分)
    『天才マックスの世界』を見ました。 ゆるい笑いと、切ない音楽と、エキセントリックなキャラ。こういう世界観好きだなぁ~。 主人公のマックスくんは、中高一貫教育の私立学校ラッシュモアに通う高校生。あり得ないくらい多才で大人顔負けのプロデュース能力を持つこのマックス君を、なんとジェイソン・シュワルツマンが演じてるっつうところが、まずツボ。 ジェイソン・シュワルツマンって、『SPUN』や『マリーアントワネット』に出演してた人。 この人が高校生役って、強引過ぎてウケル! マックスのキ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ウェス・アンダーソン監督の真骨頂を見たり from 鋼のマルガリーマン (2006年5月2日 16時22分)
    ライフ・アクアティック 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』に続けてウェス・アンダーソン監督の家族愛(?)をテーマにした力作『ライフ・アクアティック』です。とにかく随所で凝りまくり、ポップでスタイリッシュに仕上げつつ、涙あり笑いありのハートウォーミングアドベンチャーです。どこまで本気かわからない演出には監督の芸術に対するこだわりと世界観が伝わってきます。 最近落ち目の海洋探検家兼海洋ドキュメンタリー映画監督のスティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)は、幻の「ジャガーシャーク」に喰われた仲間のリベン ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2002年9月2日の週の公開作品
  3. 『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』