シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マッチスティック・メン

マッチスティック・メン
(C) 2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
英題:
MATCHSTICK MAN
製作年:
2003年
製作国:
アメリカ
日本公開:
10月4日
(丸の内ルーブル他全国松竹・東急系)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー/SDR/SDDS/DTS

チェック:巨匠リドリー・スコット監督が描く、詐欺師とその娘のスタイリッシュな人間ドラマ。先の読めないストーリー展開は、観るものの予想を遥かに超えた結末へと導く。主演は『アダプテーション』でその演技力を見せつけたニコラス・ケイジが本作でも潔癖性の詐欺師を演じ切る。共演は『コンフェッション』で演技の評価が高まったサム・ロックウェルと『ホワイト・オランダー』のアリソン・ローマン。リドリー・スコットの仕掛けた巧妙な罠を見破るのも楽しみの一つ。

ストーリー:詐欺を稼業とするロイ(ニコラス・ケイジ)とフランク(サム・ロックウェル)は、今日も電話でターゲットに嘘だらけのセールストークで浄水器を売りつけた。しかも、怪しまれる前に政府の役人を装って客の家を訪問し被害届まで出させる念の入れよう。しかし、ロイは客先で病的とも言える潔癖性が出て……。

マッチスティック・メン
(C) 2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

写真ギャラリー

Warner Bros./Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

監督・製作:
製作総指揮: ロバート・ゼメキス

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マッチスティック・メン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マッチスティックメン from Brain Death (2007年4月26日 7時16分)
    マッチスティック・メン 特別版ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 勧められて観たのだが、私はあんまり好きじゃないかも。 潔癖症の詐欺師という設定は面白いし、その設定に基づくニコラス・ケイジの演技も面白いが、実は計画的詐欺犯罪に巻き込まれていた。というオチはすぐ気付くし(揃いも揃ってうさんくさすぎ)、まぁ一応最後はハッピーだけどさ・・・という腑に落ちない感じも残る。 まぁ汚く稼いだ金は残らなかったけど、家も車あるし、新しい家族もできたし、心機一転がんばるゾ!という感じか。 でも家と車は稼いだ金で ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2003年9月29日の週の公開作品
  3. 『マッチスティック・メン』