シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
69sixty nine
(C) 2004「69 sixty nine」製作委員会
製作年:
2004年
製作国:
日本
日本公開:
2004年7月10日
(東映邦画系)
上映時間:
配給:
東映
カラー/ドルビーデジタル

チェック:芥川賞作家・村上龍の自伝的ベストセラー小説を映画化。『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』の宮藤官九郎が脚本を手掛け、1969年の長崎を舞台に熱い青春を送る高校生たちの日常を綴る。監督は新人監督の登竜門である“PFFアワード”で高い評価を受けた期待の新星・李相日。村上龍の分身ともいうべき主人公・矢崎剣介を妻夫木聡が、その親友・山田正を安藤政信が演じる。昭和レトロな作品ムードや全編に流れる60年代ヒット曲の数々もポイント。

ストーリー:1969年、長崎県佐世保市。高校生のケン(妻夫木聡)とアダマ(安藤政信)は映画と演劇とロックの大イベント、“フェスティバル”を企画。だが、ケンの野望はどんどん膨れ上がり、ついには学校をバリケード封鎖することに……。

69sixty nine
(C) 2004「69 sixty nine」製作委員会

スタッフ

監督:
原作: 村上龍
脚本: 宮藤官九郎
撮影: 柴崎幸三
美術: 種田陽平
編集: 今井剛

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画 69 sixty nine from ただの映画のレビュー (2011年5月26日 18時8分)
    村上龍原作の同名小説を監督李相日,脚本宮藤官九郎,主演妻夫木聡で映画化!! 長崎の佐世保を舞台に、 ベトナム戦争と学生運動に揺れた1969年の高校生の青春を描いた映画。 大雑把なあらすじは、 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2004年7月5日の週の公開作品
  3. 『69sixty nine』