シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

公式サイト:http://www.eow.jp/index2.html
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
英題:
L’EMPIRE DES LOUPS
製作年:
2005年
製作国:
フランス
日本公開:
2005年12月10日
(渋谷東急 ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ・コミュニケーションズ

チェック:『クリムゾン・リバー』の原作者ジャン=クリストフ・グランジェの原作で描くサイコ・ミステリー。フランスを代表する俳優ジャン・レノが悪徳警官を怪演。実在しているトルコの国粋主義組織“灰色の狼”を描いたことでもヨーロッパで話題を呼んだ。ジグゾー・パズルのように組み合わされていく謎の数々が1つの事件を浮き上がらせていくまでの過程がスリリングで目が離せない。

ストーリー:優しい夫と、ささやかな結婚生活を送っていたアンナ(アーリー・ジョヴァ−)は、夫の記憶だけなくしてしまうという奇妙な病気にかかっていた。そのころ、パリ10区では、女性の惨殺死体が下水道で連続して見つかるという猟奇殺人事件が発生していた……。

エンパイア・オブ・ザ・ウルフ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』の映画ニュース

  • 小雪が不敵な笑顔で操る、禁断の“オニ”画像がついに解禁!
    映画『ラスト・ブラッド』で真っ白な着物に身を包んだ小雪が操る、禁断の“オニ”画像がウェブ上で解禁となった。映画『ラスト・ブラッド』は、映画『猟奇的な彼女』のチョン...を作り出す彼が、ジャン・レノ主演の映画『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』を手掛けた、フランス人監督のクリス・ナ...
  • 監督がマフィアから圧力? 実在の組織を描いた映画が日本で公開
    『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』を監督したクリス・ナオンが、トルコでの撮影中に地元のマフィアから恐ろしい脅しを受けていたことが明らかになった。 同作は、フランスで...は夜も眠らない日々が今も続いている。 『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』公式サイト <http://www.eow.jp/index2....
  • 地元大激怒! ジャン・レノ新作映画で世界遺産破壊?
    10日に公開されるジャン・レノの新作映画『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』のクライマックスの舞台、世界遺産のカッパドキアの建造物を破壊するなと地元の住民が怒った。 と...言が自然に出るのも無理はないだろう。 『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』公式サイト <http://www.eow.jp/> 『エン...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「エンパイア・オブ・ウルフ」 from 朕竹林   ~映画とネットとモバイル機器な日々~ (2008年9月7日 19時58分)
    眠い。「ジェヴォーダンの獣」で懲りたが、どうもフランスの映画はわかりにくい。ダークな感じで興味深いものの、説明なくシーンが飛んだり、人が入れ替わったりで、なんかついていけません。 監督:クリス・ナオン 主演:ジャン・レノ、アーリー・ジョヴァー、ジョスラン・キヴラン ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』を観た2005年12月15日(木) from 羅駆転(あるいは汐菱Q)の日記 (2006年3月27日 9時59分)
    忘れてた。(^^;A  今週の、平日、株主優待で観に行ける映画。 東映(11・12月中有効株主優待券×2枚) 丸の内TOEI111:40/14:00/16:20/18:40~20:40観てもいい(今週の第6候補)/12月16日(金)まで/12月17日(土)から エンパイア・オブ・ザ・ウルフ丸の内TO... ...[外部サイトの続きを読む]
  • エンパイア・オブ・ザ・ウルフ from 酒池肉林・映画歓楽街 (2006年2月17日 16時39分)
    2005 フランス 128分 【監督】クリス・ナオン 【脚本】ジャン=クリストフ・グランジェ、クリス・ナオン、クリスチャン・クラヴィエ、フランク・オリヴィエ 【出演】ジャン・レノ、アーリー・ジョヴァー、ジョスラン・キヴラン、ラウラ・モランテ、フィリップ・バス 他 【製.. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2005年12月5日の週の公開作品
  3. 『エンパイア・オブ・ザ・ウルフ』