シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リバティーン
(C) 2005 STANLEY(IOM)PRODUCTIONS LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THE LIBERTINE
製作年:
2005年
製作国:
イギリス
日本公開:
2006年4月8日
(テアトル タイムズスクエア ほか)
上映時間:
配給:
メディア・スーツ
カラー/アメリカンビスタサイズ/ドルビーデジタル

チェック:『パイレーツ・オブ・カリビアン』や『チャーリーとチョコレート工場』のジョニー・デップが破天荒な放蕩詩人を演じた歴史ドラマ。『ある貴婦人の肖像』などの名優ジョン・マルコヴィッチが、人間味あふれる王役で登場。『CODE46』のサマンサ・モートンは舞台女優役で深みのある芝居を見せる。ここのところ家族向け作品に出演してきたデップが、本作では役者としての本領を大いに発揮。若くして散る運命の美しい男の狂気や色気を迫真の演技で見せる。

ストーリー:17世紀の英国。王(ジョン・マルコヴィッチ)に追放されたジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は、3か月後に恩赦を受けてロンドンに戻ってくる。彼は悪友たちに自分がきわどい性描写にあふれた政府批判の詩を詠(よ)んで追放されたという武勇伝を聞かせるのだった。

リバティーン
(C) 2005 STANLEY(IOM)PRODUCTIONS LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

写真ギャラリー

Miramax/Photofest/ゲッティ イメージズ


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リバティーン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『リバティ―ン』★愛されたかった........ from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2012年2月15日 16時27分)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/15086/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 映画レビューです。http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id323689/rid9/p1/s2/c3/ ですが、話し足りませんので、以下、ネタばれでお願いします。 「どうか私を好きにならないでくれ。」 人生をすねた言葉から始まる『リバティ−ン』。 John... ...[外部サイトの続きを読む]
  • リバティーン from MOVIESHELF (2008年4月4日 23時2分)
    リバティーン DVD 鑑賞:映画館・字幕 お勧め度:★★★ 出演:ジョニー・デップ、ジョン・マルコヴィッチ、サマンサ・モートン他 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リバティーン」 from SKETCHES (2007年4月12日 11時6分)
    「リバティーン」と聞いたら「ズ」をつけたくなって、カールとピートの顔が浮かんでくる方、あなたは真正UKロックファンです。でもこちらは音楽ではなく、ジョニー・デップが実在した世紀の背徳者を演じた映画の紹介です: ...[外部サイトの続きを読む]
  • リバティーン / THE LIBERTINE from Sapphire (2007年3月9日 11時43分)
    2005 / イギリス 監督:ローレンス・ダンモア CAST:ジョニー・デップ / サマンサ・モートン / ジョン・マルコヴィッチ / ロザムンド・パイク / トム・ホランダー / ジョニー・ヴェガス / ケリー・ライリー / ジャック・ダヴェンポート 17世紀の英国。王(ジョン・... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『リバティーン』 を観た from +鑑賞キロクと平和な日記+ (2006年12月26日 17時42分)
    最近は、次の役のために「カミソリを研いで人殺しをイメージ」して、役作りに励んでいるというウワサのジョニーさんですが(^^; (06’12月現在) これは軽いユーモアひとつない、深刻な役でしたねー…。 リバティーン (2005/イギリス/監督・ローレンス・ダンモア) ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月3日の週の公開作品
  3. 『リバティーン』