シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
明日の記憶
(C) 2006「明日の記憶」製作委員会
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年5月13日
上映時間:
配給:
東映

チェック:第18回山本周五郎賞を受賞した荻原浩の同名長編を原作に、『トリック』や『ケイゾク』の堤幸彦監督が映画化した人間ドラマ。若年性アルツハイマー病に侵された男と、ともに喪失を乗り越えようとする妻の夫婦の情愛をたおやかに描く。互いを受け止め合い、痛みを共有する熟年夫婦を渡辺謙と樋口可南子が好演。人を愛することの根源的な意味を問いかける重厚なテーマを、ソフトな語り口でつづる堤監督の演出手腕が冴え渡る感動作。

ストーリー:広告代理店に勤める佐伯雅行(渡辺謙)は、平凡だが幸せな暮らしを送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマー病に襲われる。あらゆる事柄をメモに取り、病魔と必死に闘い始める夫を、懸命に受け止め、慈しみ、いたわる妻(樋口可南子)。彼女は共に病と闘い、来るべき時が来るまで妻であり続けようと心に決めるが……。

明日の記憶
(C) 2006「明日の記憶」製作委員会

スタッフ

監督:
製作: 坂上順
プロデューサー: 野村敏哉
エグゼクティブプロデューサー: 渡辺謙
脚本: 砂本量
撮影: 唐沢悟
音楽: 大島ミチル

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『明日の記憶』の映画ニュース

  • 貫地谷しほり、黄色いバラを観客400人に手渡しでプレゼント!
    女優・貫地谷しほりの初主演映画『くちづけ』の初日舞台あいさつが25日、都内で行われ、貫地谷のほかに、竹中直人、宅間孝行、堤幸彦監督が登壇した。上映後には貫地谷らが...活躍する宅間が原作と脚本を手掛け、映画『明日の記憶』などの堤監督がメガホンを取った感動作。...
  • 貫地谷しほり、竹中直人に涙でキスをプレゼント!
    女優の貫地谷しほりが18日、都内で行われた初主演映画『くちづけ』の完成披露会見で感極まり、涙をポロポロと流しながら父親を演じた竹中直人に感謝のキスを贈った。本作で...テインメント作品を手掛ける一方で、映画『明日の記憶』『MY HOUSE』など社会派作品も手掛けてき...
  • ホラーマンガ「絶叫学級」映画化!川口春奈・広瀬アリスなど美少女キャストが結集
    「りぼん」で連載中のホラーマンガ「絶叫学級」が実写映画化されることが明らかになった。出演は、川口春奈、広瀬アリス、松岡茉優、波瑠、山本美月など。今年初夏に公開さ...り込んでいる。脚本を担当するのは、映画『明日の記憶』の三浦有為子、メガホンは佐藤徹也監督が...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 明日への遺言 from 映画はレンタル前に無料動画で! (2010年10月31日 0時55分)
    映画【明日への遺言】 をネットの無料動画で視聴! 映画『明日への遺言』は、太平洋戦争末期、アメリカ軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ、B級戦犯として戦争裁判にかけられたの法廷での戦いを描いた作品。 数多くの戦記ものを発表している大岡昇平の「な ...[外部サイトの続きを読む]
  • 明日の記憶 from MOVIESHELF (2008年8月10日 3時21分)
    明日の記憶 DVD 明日の記憶 オフィシャルサイト (壁紙× スクリーンセーバー×) 鑑賞:TV放送 満足度:★★☆☆☆ 出演  佐伯... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 渡辺謙の「昨日の記憶」@セレブなロスのマーケット from あめぷり!ジュニアテニスUSA (2006年9月6日 0時30分)
    「見た、渡辺謙?」@日系マーケット  昨日まで仕事していたイベント会場、何気に有名人が  やってくる。  初日には、榊原るみさん。  他のお客さんに混じって、コロッケを買ってた。    誰も気づいてない。  マーケットの仲良しのKさんにそっと確認。  ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「明日の記憶」 from prisoner's BLOG (2006年6月14日 19時46分)
    前半、渡辺謙の主人公がどんどん仕事ができなくなる過程の描写は緊迫感があるし、惜しまれながら会社を辞めるところで意外と暖かく送られる(辞めるから、には違いないが)場面はほろりとさせられるが、後半、家の中に閉じこもると状況とするとより深刻なのに接触する相手が妻だけになるので、どうしても描写とすると単調になる。 ボケ老人を扱った映画はこれまでも何本かあったが(「人間の約束」「花いちもんめ」「ふるさと」、ドキュメンタリーで「痴呆性老人の世界」)、若年性だとまだまだ寿命があるわけで、ラストからあともどうなるのか心配 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 明日の記憶/堤幸彦 from 文学な?ブログ (2006年6月9日 1時40分)
    人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。 広告代理店の第一線で働いていた最中、そこを退くことを余儀なくされた雅行。娘の結婚式では、そのことを正気な状態で味わうことができる幸せが伝わり、主人公らとともに思わず涙してしまいました。また、会社を去って行くとき、かつての仲間や取引先から惜しみない言葉を送られます。自らやって ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月8日の週の公開作品
  3. 『明日の記憶』