シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

トム・ヤム・クン!

トム・ヤム・クン!
(C) 2005 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL COMPANY LIMITED ALL RIGHTS RESERVED
英題:
TOM-YUM-GOONG
製作年:
2005年
製作国:
タイ
日本公開:
2006年4月22日
(シネマミラノ ほか)
上映時間:
配給:
クロックワークス / ギャガ・コミュニケーションズ共同配給
ビスタ/ドルビーデジタルSRD

チェック:タイの国技ムエタイの技術を映画に取り込み、壮絶なリアル・アクションの数々が話題を集めた『マッハ!』の監督と主演コンビによる最新作。国際マフィアに盗まれた象の奪還に立ち上がる青年に、スタントマン出身のトニー・ジャーがふんし、鍛え上げられた肉体から繰り出される神業的なムエタイ・アクションを披露する。運河を舞台にしたボートチェイスや、 4分間長回しのワンショット・アクションなど、迫力ある映像の連続に圧倒される。

ストーリー:南半球の国際都市オーストラリアのシドニーに、ひとりのタイ人青年カーム(トニー・ジャー)が降り立った。国際的マフィア組織に祖国の象を密輸され、臨界点を越えた怒りに打ち震えるカームは、鍛え抜かれた己の肉体と超人的なムエタイ技術を武器に、単身、組織の中枢に入り込んで、すべてを破壊する計画を立てる。

トム・ヤム・クン!
(C) 2005 SAHAMONGKOLFILM INTERNATIONAL COMPANY LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

スタッフ

アクション監督: パンナー・リットグライ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『トム・ヤム・クン!』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「トム・ヤム・クン」 from prisoner's BLOG (2011年4月2日 8時34分)
    香港映画が身体を張ったアクション(場合によっては人権無視ともいう)が引っ込めてきた印象の中、タイ映画「マッハ!」でトリックなしCGなしを売り物に殴りこんできたトニー・ジャーの主演作だけれど、主人公が奪われた象を取り戻しにタイからオーストラリアに来るあたり... ...[外部サイトの続きを読む]
  • トム・ヤム・クン! (2005/タイ) 75点 from Smile Cinema (2010年3月27日 9時54分)
    トム・ヤム・クン! 【感想】 CGに頼らない体当たりのアクションを見てるだけで十分に面白かったです。トニー・ジャーの運動神経が凄... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画 トム・ヤム・クン(主演 トニー・ジャー)動画有 from エンタメ動画日記 −映画等の紹介− (2007年1月4日 1時10分)
    「トム・ヤム・クン」という題名から料理人かなにかの映画かと勘違いしますが、アクション映画です。 タイで一番有名な単語を題名にしただけみたいです。 今売り出し中のトニー・ジャーの作品です。 大事にしていた象を誘拐されてシドニーまで取り戻しに行くという内容です。 前作「マッハ!!!!!!!!」で結構儲かったみたいで、今回の「トム・ヤム・クン」ではかなり金がかかってます。 さて、このトニー・ジャーですがムエタイを中心とした格闘技をつかいます。アクションは基本的にはノースタントで、... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「トム・ヤム・クン!」これぞアクション映画! from 小生の映画日記 (2006年4月23日 22時29分)
    ストーリー: 南半球の国際都市オーストラリアのシドニーに、ひとりのタイ人青年カーム(トニー・ジャー)が降り立った。国際的マフィア組織に祖国の象を密輸され、臨界点を越えた怒りに打ち震えるカームは、鍛え抜かれた己の肉体と超人的なムエタイ技術を武器に、単身、組.... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年4月17日の週の公開作品
  3. 『トム・ヤム・クン!』