シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
WARU
(C) 2006真樹日佐夫
製作年:
2006年
製作国:
日本
日本公開:
2006年2月25日
(銀座シネパトス)
上映時間:
配給:
真樹プロダクション
カラー/ビスタ/ステレオ

チェック:過去に12回も映像化された真樹日佐夫原作の人気劇画シリーズ「ワル」を、『ゼブラーマン』の三池崇史監督と哀川翔主演のコンビで映画化。冷酷な極東マフィアに闘いを挑む主人公の壮絶な生きざまを、三池節全開のリアリズムに徹したバイオレンス描写の数々で活写。松坂慶子、石橋凌、萩原流行らベテラン勢が確かな演技力で脇を固めるほか、格闘家の前田日明、初代タイガーマスクの佐山サトルなど異色キャストの奮闘にも注目。

ストーリー:刑務所を出所した氷室洋二(哀川翔)は、獄中で運命的な出会いを果たした更級十朗(真樹日佐夫)の主催する“地平同”の仕事を手伝う日々を送っていた。その仕事とは、極東マフィアの資金源とされる悪徳企業や地下賭博などを叩いて、隠し金を吐き出させることだった.その仕事のせいでマフィアの怒りを買った氷室と更級に暗殺命令が下る。

WARU
(C) 2006真樹日佐夫

スタッフ

監督:
製作・原作・脚本: 真樹日佐夫
プロデューサー: 山本芳久
アソシエイト・プロデューサー: 川中金美
キャスティングプロデューサー: 辰巳佳太
撮影: 田中一成

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『WARU』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「WARU<ワル>」(★★★★) from k-tanakaの映画的箱庭 (2006年2月27日 1時14分)
    三池崇史監督「WARU<ワル>」を銀座シネパトスで見る。 これ、Vシネのシリーズ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年2月20日の週の公開作品
  3. 『WARU』