シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
雪に願うこと
製作年:
2005年
製作国:
日本
日本公開:
2006年5月20日
上映時間:
配給:
ビターズ・エンド
カラー/ビスタサイズ/ドルビーSR

チェック:北海道特有の障害物レース“ばんえい競馬”を舞台に、人生に挫折した青年の再生と家族のきずなを描いた人間ドラマ。人気作家・鳴海章の小説「輓馬」を『透光の樹』の根岸吉太郎監督が映画化し、第18回東京国際映画祭でグランプリを含む4冠を獲得した。主人公の兄弟を佐藤浩市と伊勢谷友介が演じるほか、小泉今日子や吹石一恵ら実力派俳優が勢ぞろいする。巨体の輓馬(ばんば)たちが1トン近いソリを曳きながら力を尽くす、ばんえい競馬のダイナミックな映像が見どころ。

ストーリー:東京での成功を夢見て故郷と家族を捨てた矢崎学(伊勢谷友介)だが、事業に失敗し全てを失ってしまう。行き場を失った学は、故郷の帯広で“ばんえい競馬”の厩舎を営む兄・威夫(佐藤浩市)の元へ13年ぶりに戻ってくる。兄の厩舎で個性的な仲間たちや馬と共に寝起きするうちに、学は人生をやり直す気力を取り戻してゆく。

雪に願うこと

スタッフ

監督:
製作: 若杉正明
脚本: 加藤正人
原作: 鳴海章一
撮影: 町田博
編集: 川島章正
美術: 小川富美夫
音楽: 伊藤ゴロー

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『雪に願うこと』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「雪に願うこと」 from prisoner's BLOG (2006年6月8日 17時30分)
    重荷を引いてあがくようになんとか前進するばんえい競馬の姿に、生きていくことの重さを見るのは、倉本聰の「ばんえい」でもあった発想だが(といっても、ドラマは見ておらずシナリオを読んだだけ)、実に丁寧に楷書で描かれた多くの人生スケッチの集積の厚みが見事。 画面には出てこない人物(たとえば借金に追われて失踪した伝説の名騎手)も、なんだか知っている人のような気がしてくる。 佐藤浩市の男っぽい色気は出色。 馬が本当に伊勢谷友介に対して親愛のそぶりを見せている。 馬たちが厳寒の中、もうもうと身体中から湯気をあげて進む姿 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「雪に願うこと」 from 或る日の出来事 (2006年5月24日 6時59分)
    朝の空気の中で、馬と人の白い息が立ちのぼる場面は、幻想的でさえある。いちばん記憶に残るシーンだ。 それに競馬の場面も興味深い。サラブレッドがスピードを競って走るレースはお馴染みだけど、ソリを引いて坂を登って、という力勝負の輓営(ばんえい)競馬は、テレビで少し見たことはあるが、じっくり見たのは初めて。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 雪に願うこと from Pocket Warmer (2006年5月23日 0時41分)
    邦題:雪に願うこと 原作:「輓馬」鳴海章 監督:根岸吉太郎 出演:伊勢谷友介、佐 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2006年5月15日の週の公開作品
  3. 『雪に願うこと』